研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[てんかん発作中マウスの脳における脂質過酸化、グルタチオンおよび一酸化窒素レベルに対する携帯電話放射の影響] med./bio.

Effects of cell phone radiation on lipid peroxidation, glutathione and nitric oxide levels in mouse brain during epileptic seizure.

掲載誌: J Chem Neuroanat 2016; 75 Pt B: 111-115

この研究は、ペンチレンテトラゾール(PTZ)で誘導したてんかん発作中のマウスの脳内の酸化ストレスのパラメータおよび酸化物レベルに対する、900MHzの携帯電話放射の影響を調べた。8週齢のマウスを以下のグループに分けた。グループI:PTZで処理した対照群、グループII:15分間の携帯電話放射+PTZ処理+30分間の携帯電話放射、グループIII:30分間の携帯電話放射+PTZ処理+30分間の携帯電話放射チオバルビツール酸反応性物質(TBARS)の形成を測定することで、酸化ストレスの指標である脂質過酸化を定量化した。エルマン法でグルタチオンGSH)レベルを決定した。グリース法で組織中の窒素酸化物の全量を得た。その結果、グループIと比較して、グループIIおよびIIIでは脳組織脂質過酸化および窒素酸化物のレベルが有意に増加した。対照的に、グループIと比較して、グループIIおよびIIIではGSHのレベルが有意に減少した。但し、グループIIとIIIでは、いずれのエンドポイントにも統計的に有意な変化は認められなかった。著者らは、この実験の知見は全体として、携帯電話放射てんかん活動中のマウスの脳内の酸化損傷および窒素酸化物レベルを増加させる、と結論付けている。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

The effects of exposure of mice to a 900 MHz electromagnetic field on oxidative stress in the brain during an epileptic seizure should be investigated.

詳細情報

Epileptic seizures were experimentally induced via intraperitoneal administration of 60 mg/kg body weight pentylenetetrazol (PTZ).
Mice were divided into the following groups (n=9 each): 1) 15 min EMF exposure + PTZ treatment + 30 min EMF exposure, 2) 30 min EMF exposure + PTZ treatment + 30 min EMF exposure and 3) sham exposure for 30 min + PTZ treatment + 30 min sham exposure.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
ばく露時間: continuous for 15 minutes and 30 minutes
  • SAR: 0.301 W/kg spatial average (10 g) (peak value in the head)
  • SAR: 0.367 W/kg spatial average (10 g) (peak value in the trunk)
  • 電界強度: 14.31 V/m (± 3.3897 V/m)
  • 磁界強度: 0.0386 A/m (± 0.012 V/m)
  • 電力: 0.25 W (antenna input power)
ばく露2: 900 MHz
ばく露時間: continuous for 2 x 30 minutes
  • SAR: 0.301 W/kg spatial average (10 g) (peak value in the head)
  • SAR: 0.367 W/kg spatial average (10 g) (peak value in the trunk)
  • 電界強度: 14.31 V/m (± 3.3897 V/m)
  • 磁界強度: 0.0386 A/m (± 0.012 V/m)
  • 電力: 0.25 W (antenna input power)

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 15 minutes and 30 minutes
Additional information GSM phone
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
チャンバの詳細 glass cage
ばく露装置の詳細 GSM dual-band mobile phone was used as exposure source; the phone was placed centrally 1 cm below the glass cage
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.301 W/kg spatial average 計算値 10 g peak value in the head
SAR 0.367 W/kg spatial average 計算値 10 g peak value in the trunk
電界強度 14.31 V/m - 測定値 - ± 3.3897 V/m
磁界強度 0.0386 A/m - 測定値 - ± 0.012 V/m
電力 0.25 W - - - antenna input power

ばく露2

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 2 x 30 minutes
Additional information GSM phone
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.301 W/kg spatial average 計算値 10 g peak value in the head
SAR 0.367 W/kg spatial average 計算値 10 g peak value in the trunk
電界強度 14.31 V/m - 測定値 - ± 3.3897 V/m
磁界強度 0.0386 A/m - 測定値 - ± 0.012 V/m
電力 0.25 W - - - antenna input power

Reference articles

  • Lopresto V et al. (2007): [GSM 1800およびUMTS周波数のラット聴覚系への影響可能性研究用のばく露装置]
  • Beard BB et al. (2006): [SAMファントムと解剖学的に正確な人体頭部モデルとにおける携帯電話によるSAR計算値の比較]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Lipid peroxidation and the total nitric oxide level in the brain were significantly increased in both exposure groups (groups 1 and 2) compared to the sham exposure group (group 3). Moreover, glutathione levels were significantly lower in both exposure groups compared to the sham exposure group. However, no statistically significant differences were noted between the exposure groups.
The authors conclude that exposure of mice to a 900 MHz electromagnetic field might increase oxidative stress in the brain during an epileptic seizure.

研究の種別:

研究助成

関連論文