研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[グローバル・システム・フォー・モバイル・コミュニケーションズ(GSM)のマイクロ波照射がラットの血液脳関門の透過性に与える影響] med./bio.

Effect of global system for mobile communication (GSM) microwave exposure on blood-brain barrier permeability in rat.

掲載誌: Acta Neuropathol 1997; 94 (5): 465-470

この研究は、校正された900MHz帯のマイクロ波ばく露システムを用いて、血液脳関門の透過性へのGSMマイクロ波ばく露の影響を調べた。ラットはプラスチックチューブ内に拘束され、各チューブは回転台上に円形に並べられた。脳の比吸収率SAR)は、0.3〜7.5W / kgの範囲の一定レベルで、4時間、擬似ばく露または真のマイクロ波ばく露された。タンパク質血管外溢出については、ばく露終了時または7日後に、3〜5枚の冠状面スライスに血清アルブミン免疫組織化学染色を行い、評価した。陽性対照として、2匹のラットに低温傷害を与えた。その結果、自由行動対照群(n = 20)では、1匹の動物において、1個の血管外溢出血アルブミンスポットしか検出されなかった;擬似ばく露対照群(n = 20)では、3匹の動物で合計4個の溢出スポットが検出された;SAR 0.3、1.5、7.5W / kgの4時間ばく露群(各レベルそれぞれ n = 20。検査のための屠殺は、ばく露終了時(n = 10)と7日後(n = 10)である)においては、ばく露終了時検査では、各ばく露レベルいづれにおいても10匹のうちの5匹に溢出が見られ、溢出スポットの合計数は、各ばく露レベルでそれぞれ7、6、14個であった;7日後検査では、10匹での合計の溢出スポット数は、各ばく露レベルでそれぞれ2、0、1個であった;マイクロ波ばく露後の血清アルブミン遊出の増加は、最高SAR群((7.5 W / kg)でのみ有意であり、低レベル群では有意でなかった;検査したいずれの脳においても組織学損傷は観察されなかった;低温損傷のような血液脳関門透過性増加を伴う病理学的状態と比較すれば、今回のマイクロ波ばく露で観察された血清アルブミン溢出は、非常に控えめであり、さらに可逆的であった;携帯電話の周波数および強度の範囲内のマイクロ波ばく露は、血液脳関門透過性に有意な病理学的変化を生じさせそうにない、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To analyze the immediate and late effects of 4 h microwave exposure on the permeability of the blood-brain barrier using a novel exposure system which simulates the absorption characteristics of cellular phones operating in the 900 MHz frequency band in the heads of rats maintained in a fixed position in relation to the antenna.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 4 h
  • SAR: 0.3 W/kg average over mass (brain)
  • SAR: 1.5 W/kg average over mass (brain)
ばく露2: 900 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 4 h
  • SAR: 7.5 W/kg average over mass (brain)

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 4 h
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • central antenna, for details see reference article
チャンバの詳細 Plexiglas carousel
ばく露装置の詳細 Rats were restrained in plastic tubes mounted circularly in a Plexiglas carousel with the head towards the antenna.
Additional information As negative control two groups were used: a freely moving control group and a sham exposed group which was restrained for 4 h in the exposure system. As positive controls, focal BBB disturbances were produced in two rats by cold injury.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.3 W/kg average over mass 指定なし brain -
SAR 1.5 W/kg average over mass 指定なし brain -

ばく露2

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 4 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 7.5 W/kg average over mass 指定なし brain -

Reference articles

  • Fritze K et al. (1997): [ラット脳のゲノム反応に対する携帯電話通信マイクロ波ばく露によるグローバルシステムの影響]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The increase in serum albumin extravasations after microwave exposure reached significance only in the group exposed to the highest SAR of 7.5 W/kg. Histological injury was not observed in any of the examined brains. The study demonstrates that microwave irradiation in the frequency and intensity range of mobile telephony is unlikely to produce pathologically significant changes of the blood-brain barrier permeability.

研究の種別:

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文