研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[935.2 MHzマイクロ波単独とマイトマイシンCとの重畳による細胞遺伝学的影響] med./bio.

Cytogenetic effects of 935.2-MHz (GSM) microwaves alone and in combination with mitomycin C.

掲載誌: Mutat Res Genet Toxicol Environ Mutagen 1997; 393 (1-2): 151-156

この研究は、移動通信周波数(935.2MHz)マイクロ波単独ばく露化学的DNA損傷剤(マイトマイシンC)との組み合わせばく露による遺伝的影響を調べた。インビトロばく露したヒト全血細胞で、3つの細胞遺伝学的エンドポイントの試験を実施した。エンドポイントは、「古典的な」染色体異常試験、姉妹染色分体交換試験およびアルカリコメットアッセイである。その結果、マイクロ波の直接的な細胞遺伝学的影響は見られなかった;マイクロ波ばく露後に、マイトマイシンCの存在下で培養された細胞は、マイトマイシンC単独ばく露細胞に比べ、マイトマイシンCの非常に弱い効果を示した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of 935.2 MHz radiofrequency fields alone and in combination with mitomycin C treatment on human blood lymphocytes after exposure of human whole blood samples in vitro.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 935.2 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 2 h

ばく露1

主たる特性
周波数 935.2 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 continuous for 2 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Additional information From each sample a non-exposed control was included.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 4.5 W - - - -
SAR 0.4 W/kg - - - 0.3-0.4 W/kg

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No direct cytogenetic effect was found. The combined exposure of the cells to the radiofrequency fields followed by their cultivation in the present of mitomycin C revealed a very weak effect when compared to cells exposed to mitomycin alone.

研究の種別:

研究助成

関連論文