研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[935 MHz携帯電話放射:ヒトリンパ球の遺伝毒性についてのIn vitro研究] med./bio.

935 MHz cellular phone radiation. An in vitro study of genotoxicity in human lymphocytes.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2006; 82 (5): 339-346

この研究は、ヒトのリンパ球に対して、インビトロで、単独またはX線と組み合わせた無線周波電磁放射(RFR)を与え、その遺伝毒性影響の可能性をいくつかのアッセイを用いて調べた。選択されたSARは、人々がある種の携帯電話を使用する時に局所的組織吸収される実際のエネルギーの上限値に近いものである。組み合わせばく露の目的は、特性が明らかな突然変異誘発物質によって引き起こされたDNA損傷の修復の忠実度をRFRが低下させることによって、RFRは後成的に影響するか否かを調べることである。14人のドナーからの血液検体に、2つのSARレベル(1および2 W / kg)の935 MHz GSM信号の24時間継続的なばく露を、単独、またはX線と組み合わせて与えた。X線(250 kVp、1.0 Gy)の1分間照射は、RFRの直前ま​​たは直後に行われた。使用したアッセイは、DNA鎖切断を検出するアルカリコメット法、細胞質分裂阻害二核リンパ球での不安定な染色体異常姉妹染色分体交換、および小核を検出する分裂中期染色体分析、およびインビトロ細胞周期の速度変化を検出する核分裂指数であった。その結果、適切な擬似ばく露群および対照群と比較すると、アッセイのエンドポイントのいずれについても、RFRのみの影響は見られなかった;さらに、RFRは、測定されたX線の影響を変化せなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of radiofrequency irradiation applied alone or in combination with x-rays on genotoxicity in vitro in human lymphocytes. Combined exposures were used to examine whether radiofrequency irradiation might act epigenetically by reducing the fidelity of DNA repair of DNA damage caused by a well-characterized and established mutagen.

詳細情報

1-min x-rays exposure (1.0 Gy) was given immediately before or after the radiofrequency irradiation.
The experiments were performed in two different laboratories (in Italy and UK).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 935 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 24 h

General information

Blood samples were exposed at two SAR values, alone or combined with a 1-min exposure to 1.0 Gy of 250 kVp X-rays given immediately before or after the RF exposure.

ばく露1

主たる特性
周波数 935 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 continuous for 24 h
Modulation
Modulation type pulsed
Additional information

GSM basic signal

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 waveguide apparatuses installed in tissue culture incubators with humidified atmospheres of 5% CO2 in air
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1 W/kg - - - -
SAR 2 W/kg - - - -

Reference articles

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No effect of radiofrequency irradiation alone could be observed for any of the endpoints. In addition, radiofrequency exposure did not modify any measured effects of the x-radiation.
Within the experimental parameters of the study no genotoxic or epigenetic effects from the radiofrequency signal was found.

研究の種別:

研究助成

関連論文