研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[熱ショックによる細胞周期停止は弱い電磁界により減弱される] med./bio.

The heat shock-induced cell cycle arrest is attenuated by weak electromagnetic fields.

掲載誌: Cell Prolif 2003; 36 (2): 101-111

この研究は、弱い磁界(60 μT、50 Hz)がヒト急性白血病細胞(HL-60)に与える影響を調べた。ストレスにより細胞誘発される影響は、蛍光色素カルボキシフルオレセインスクシンイミジルエステルを用いたフローサイトメトリーによって調べられた。この方法により、最大10日間、数世代にわたる細胞を継続的に分析できた。非同調的に分裂中の細胞に熱ショック(41 ℃、30分間)を与えると、細胞集団の一部(約15 %)は、短い遅れの後に細胞周期を再開し、残りの細胞集団は、さまざまな細胞周期の段階で停止し、その停止は最大数日続き、最終的にアポトーシスとなった。しかし、弱い磁界ばく露を与えた場合、このような熱ショックによる細胞周期停止効果は緩和され、停止した細胞の割合は有意に少なくなった、と報告している。

研究目的(著者による)

超低周波電磁界及び/または熱ショックにばく露されたヒト急性白血病細胞におけるストレス誘導性の影響を調査すること。

詳細情報

以下の4群で実験を実施した:1) 対照群、2) 超低周波電磁界単独ばく露群、3) 39、41または43℃の熱ショック単独ばく露群、4) 共ばく露群(410℃の熱ショック+超低周波電磁界ばく露)。
ばく露の2、4、6、8、10日後に細胞を分析した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 30 min

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 30 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • Merritt coils
ばく露装置の詳細 A plastic chamber (1800 x 1400 x 60 mm³) containing cell cultures was placed in the center of the Merritt coils.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 60 µT unspecified 測定値 - ±0.2 µT

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

対照群と比較して、超低周波電磁界への単独ばく露は、細胞分裂率、あるいは細胞総数または分裂細胞の比率のいずれも変化させなかった。
共ばく露された細胞は、第3群(熱ショック群)と比較して、細胞周期が停止した細胞の割合が有意に小さかった。加えて、共ばく露された細胞では、熱ショックに単独ばく露された細胞と比較して、細胞総数及び増殖中の細胞の割合の上昇が認められた。

研究の種別:

研究助成

関連論文