研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[超低周波(ELF)磁界および化学的突然変異原への組合せばく露:ヒトリンパ球における遺伝毒性は見られない] med./bio.

Combined exposure to extremely low frequency (ELF) magnetic fields and chemical mutagens: Lack of genotoxic effects in human lymphocytes

掲載誌: Electro Magnetobiol 2001; 20 (3): 331-341

研究目的(著者による)

本研究は、50Hz正弦波磁界化学突然変異原への共ばく露後のヒトリンパ球におけるイン・ビトロでの遺伝毒性及び細胞毒性作用の誘導を調査するために実施した。

詳細情報

27-58歳の健康な非喫煙者のボランティア10人から血液サンプルを採取した。適用した化学突然変異原は、マイトマイシンC(25及び50ng/ml)ならびにハイドロキノン(60µM)であった。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 Incubator
ばく露装置の詳細 Plexiglas layer in middle of coil structure hosted the samples in cylindrical culture flasks (10 cm diameter, 4 cm high).
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1 mT effective value 測定値 - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

磁界への単独ばく露小核発生に影響しなかったが、細胞増殖における僅かな増加が認められた。
遺伝毒性小核形成)及び細胞増殖のどちらにおいても、共ばく露化学的処理単独による損傷を増加させなかった。

研究の種別:

研究助成

関連論文