研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[正弦波50Hz磁界はヒトの細胞の イン・ビトロでの構造形態及び増殖に影響しない] med./bio.

Sinusoidal 50 Hz magnetic fields do not affect structural morphology and proliferation of human cells in vitro.

掲載誌: Histol Histopathol 2001; 16 (3): 719-726

この研究は、短期および長期の磁界ばく露が、細胞構造組織化(サイトケラチンまたはアクチン検出)、増殖ブロモデオキシウリジン取り込みおよびヨウ化プロピジウム染色)、コロニー形成能力および生存力(トリパンブルー排除試験)に影響するか否かを、増殖速度が速いMCF-7(ヒト乳がん由来)または増殖速度が遅い正常ヒト線維芽細胞健康なドナー由来)を用いて調べた。ばく露には、20または500μTの正弦波50 Hz磁界を用い、ばく露時間は1〜4日であった。その結果、短期(1日)および長期(4日)でも、どちらの磁界強度でも、磁界ばく露を受けたMCF-7において、増殖および生存力、コロニーの数およびサイズ、あるいは細胞周期よる細胞分布への影響はなかった;また、細胞形態およびサイトケラチン細胞内分布ならび量も変化しなかった;同様に、正常なヒト線維芽細胞においても、アクチン分布および増殖能力での変化は観察されなかった、と報告している。

研究目的(著者による)

ヒトの正常細胞及びがん細胞における イン・ビトロでの細胞増殖及び細胞形態に対する正弦波超低周波磁界の影響を調査すること。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: 24, 48, 72, 96 h

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 24, 48, 72, 96 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 thermostatic walk-in chamber 3,5 x 3 x 2,8 m
ばく露装置の詳細 2 sets of 4 pairs of vertically arranged rectangular coils (spacing 320-250-320 mm)
Additional information coils 900x700mm wound on PVC frame, 50 turns external , 25 turns internal
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 500 µT maximum - - -
磁束密度 20 µT minimum - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

正弦波磁界ばく露群と対照群で、調査したすべてのパラメータに統計的有意差は認められなかった。

研究の種別:

研究助成

関連論文