研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットの子宮及び卵巣における50 Hz、1 mT磁界の影響(電子顕微鏡評価)] med./bio.

Effect of 50-Hz 1-mT magnetic field on the uterus and ovaries of rats (electron microscopy evaluation).

掲載誌: Med Sci Monit 2006; 12 (6): BR215-BR220

研究目的(著者による)

ラット子宮及び卵巣に対する超低周波磁界の影響を調べること。

詳細情報

48匹のラットを2群に分け、一方を50日間、もう一方を100日間ばく露した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: repeated daily exposure, 3 h/day for 50 or 100 days

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 repeated daily exposure, 3 h/day for 50 or 100 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 The coils were placed face to face vertically and horizontally in a Faraday cage (130 x 65 x 80 cm)
ばく露装置の詳細 Animals were exposed in Plexiglass cages (32 x 18 x 15 cm). Animals for sham exposure were kept under the same condition but in the absence of magnetic field.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1 mT mean 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

データは、1mTの超低周波磁界への50及び100日間のばく露細胞レベルで、及びマロンジアルデヒド濃度を変化させ得ることを示した。

超微細構造の溶解、細胞オルガネラの減少、細胞内の空隙、核の典型的な構造の喪失が、50日ばく露群の卵巣の胚上皮細胞に認められた。卵巣の胚上皮及び白膜における超微細構造の変化、核及び核小体における不規則性、細胞質脂質小胞の増加、ならびにオルガネラの減少が、100日ばく露群の卵巣に認められた。同様の変化が子宮でも認められた。
2つのばく露群のラットで、卵巣及び子宮でのマロンジアルデヒド濃度が増加した。

研究の種別:

研究助成

関連論文