研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[携帯電話からのGSM900 MHzとDCS1800 MHz放射の生体作用性の比較] med./bio.

Comparison of bioactivity between GSM 900 MHz and DCS 1800 MHz mobile telephony radiation.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2007; 26 (1): 33-44

ここ数年の間にヨーロッパで確立され、一般に使用されるようになったデジタル携帯電話通信の二つのシステムである、GSM900MHzおよびDCS(デジタル携帯電話システム)1800MHzのパルス無線周波数(RF)電磁界放射は、様々な生物および細胞に対して強い生物学的作用を及ぼすことを、ますます多くの研究が見出している(Hardellその他、2006年;Hyland、2000年;Kundi、2004年;Panagopoulosその他、2004年、2007年)。この2つのタイプの携帯電話放射は異なる搬送周波数を用い、異なる周波数スペクトルを与えるが、通常ではその強度も異なっている。GSM900MHzアンテナは、対応するDCS1800MHzアンテナに比べ、約2倍の出力で動作する。我々は今回の実験において、2つのシステムの携帯電話放射生物への作用性を比較するために、生物モデルとしてキイロショウジョウバエ生殖能力を用いた。両タイプの放射とも、昆虫の生殖能力を著しくかつ非熱的に減少させることが見出されたが、GSM900MHzは、DCS1800MHzよりさらに生物作用性がさらに強いようにみられた。その違いは、大部分電磁界強度に依存しており、搬送周波数への依存はあまりないようである。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To compare the effects of radiofrequency electromagnetic irradiation at 900 MHz, emitted by GSM mobile phones and at 1800 MHz, emitted by DCS mobile phones, on reproductive capacity of the insect Drosophila melanogaster.

詳細情報

There were four exposure groups: group 1 was exposed to GSM 900 MHz with the antenna in contact with the glass vial containing flies, group 2 was exposed to GSM 900 MHz with the antenna of the mobile phone at 1 cm distance from the vial, group 3 was exposed to DCS 1800 MHz with the antenna in contact with the glass vial, and group 4 was sham exposed. Each group consisted of ten female and ten male newly emerged flies.
Ten replicate experiments were carried out.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 6 min/day for 5 days
  • 電力密度: 0.407 mW/cm² mean (+/- 0.061 mW/cm²)
  • 電界強度: 22.3 V/m average over time (+/- 2.2 V/m at zero distance)
  • 電界強度: 13.9 V/m average over time (+/- 1.6 V/m at 1 cm distance)
  • 磁束密度: 0.04 µT average over time (+/- 0.007 µT at zero distance)
ばく露2: 1,800 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 6 min/day for 5 days

General information

experiments were done in four groups: i) exposure to GSM signal with the phone's antenna in contact with the glass vial containing the flies ii) exposure to GSM signal with the phone's antenna in 1 cm distance of the glass vial containing the flies iii) exposure to DCS signal with the phone's antenna in contact with the glass vial containing the flies iv) sham exposure

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 6 min/day for 5 days
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 dual band commercial mobile phone in speaking mode
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.407 mW/cm² mean 測定値 - +/- 0.061 mW/cm²
電界強度 22.3 V/m average over time 測定値 - +/- 2.2 V/m at zero distance
電界強度 13.9 V/m average over time 測定値 - +/- 1.6 V/m at 1 cm distance
磁束密度 0.04 µT average over time 測定値 - +/- 0.007 µT at zero distance

ばく露2

主たる特性
周波数 1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 6 min/day for 5 days
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.283 mW/cm² mean 測定値 - +/- 0.043 mW/cm²
電界強度 14.2 V/m average over time 測定値 - +/- 1.7 V/m
磁束密度 0.038 µT average over time 測定値 - +/- 0.007µT

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Both types of exposure decreased significantly and non thermally the insect's reproductive capacity, but GSM 900 MHz seemed to be even more bioactive than DCS 1800 MHz. The effect seemed to be dependent on field intensity and less on carrier frequency.

研究の種別:

研究助成

関連論文