研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[携帯電話からのGSM900 MHzとDCS1800 MHzの放射によって引き起こされた細胞死] med./bio.

Cell death induced by GSM 900-MHz and DCS 1800-MHz mobile telephony radiation.

掲載誌: Mutat Res Genet Toxicol Environ Mutagen 2007; 626 (1-2): 69-78

この研究において、TUNEL(Terminal deoxynucleotide transferase dUTP Nick End Labeling)分析-様々なタイプの細胞内のDNA断片の検出に広く用いられるよく知られた技術-を用いて、キイロショウジョウバエの卵形成の初期および中期生物学的モデルとして、細胞死(DNA断片化)を検出した。このハエは、インビボで、共通のデジタル携帯電話からGSM900MHz放射またはDCS1800MHz放射に、成虫になった最初の6日間、1日に数分間ばく露された。このばく露条件は、携帯電話使用者がばく露されている条件と同様であり、我々の以前の研究にしたがって決められた [D.J.Panagopoulos、A.Karabarbounis、L.H.Margaritis、キイロショウジョウバエ生殖能力に対する携帯電話のGSM900-MHz放射の影響、Electromagn.Biol.Med.23(1)(2004)29-43;D.J.Panagopoulos、N.Messini、A.karabarbounis、A.L.Philippetis、L.H.Margaritis、安全レベル内の無線周波電磁放射は昆虫の生理学的機能を変える、P.Kostarakis、P.Stavroulakis(EDs)、電磁界生物学的影響に関するミレニアム国際学術会議の会議記録、Heraklion、Crete、Greece、10月17-20日、2000年、pp.169-175、ISBN:960-86733-0-5;D.J.Panagopoulos、L.H.Margaritis、キイロショウジョウバエ生殖能力に関する電磁界の影響、P.Stavroulakis(ED)、電磁界生物学的影響、Springer、2003、pp.545-578]。これらの研究では、GSM放射によって、同じ昆虫の産卵に大きな減少が引き起こされることが示された。今回の研究結果によれば、以前に報告した産卵の減少は、二つのタイプの携帯電話放射によって引き起こされた構成細胞のDNA断片化の後に多数の卵室が変性することによるものであることが示唆された。卵室を構成する全てのタイプの細胞(包卵被膜細胞卵胞細胞、栄養細胞および卵母細胞)について、プログラムされた細胞死生理学的に発生しない期間において、卵形成の初期と中期の、形成細胞巣からステージ10までの全てのステージにおいて、引き起こされた細胞死が初めて記録された。形成細胞巣およびステージ7-8は、GSMとDCSによって引き起こされる電磁ストレスに対する反応においても、最も敏感な発達段階であることが見出された。さらに言えば、形成細胞巣はステージ7-8よりもさらに敏感であることが見出された。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study whether GSM or DCS exposure can induce cell death during the early and mid stages of Drosophila melanogaster fly oogenesis, where programmed cell death does not physiologically occur.

詳細情報

Ovarioles were investigated. Each Drosophila melanogaster ovary consists of 16-20 ovarioles and each ovariole is an individual egg assembly line, with new egg chambers in the anterior moving toward the posterior as they develop, through 14 successive stages until the mature egg reaches the oviduct. The most anterior region is called the germarium. Each egg chamber consists of a cluster of 16 germ cells surrounded by somatic follicle cells. Among the 16 germ cells, one differentiates as the oocyte and the rest become nurse cells.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: repeated daily exposure, 6 min/day, for 6 days
ばく露2: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: repeated daily exposure, 6 min/day, for 6 days
ばく露3: 1,800 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: repeated daily exposure, 6 min/day, for 6 days

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 repeated daily exposure, 6 min/day, for 6 days
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
  • dual band
Distance between exposed object and exposure source 0 cm
ばく露装置の詳細 The mobile phone antenna was in direct contact with the glass vial containing the flies, and parallel to the vial axis.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information The experimenter spoke on the mobile phone's microphone during the exposures. The fields were thus "modulated" by the human voice ("speaking emissions" or "GSM basic"), as described previously [Panagopoulos et al., 2004].
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.402 mW/cm² mean 測定値 - ± 0.054 mW/cm²
電界強度 23.7 V/m mean 測定値 - ± 1.8 V/m
磁束密度 53 nT mean 測定値 - ± 6 nT

ばく露2

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 repeated daily exposure, 6 min/day, for 6 days
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
  • dual band
Distance between exposed object and exposure source 1 cm
ばく露装置の詳細 The mobile phone antenna was at 1 cm from the glass vial containing the flies, and parallel to the vial axis.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.292 mW/cm² mean 測定値 - ± 0.042 mW/cm²
電界強度 15.7 V/m mean 測定値 - ± 1.2 V/m
磁束密度 35 nT mean 測定値 - ± 5 nT

ばく露3

主たる特性
周波数 1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 repeated daily exposure, 6 min/day, for 6 days
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Distance between exposed object and exposure source 0 cm
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.288 mW/cm² mean 測定値 - ± 0.038 mW/cm²
電界強度 15.5 V/m mean 測定値 - ± 1.3 V/m
磁束密度 36 nT mean 測定値 - ± 5 nT

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Cell death was detected during all the developmental stages of early and mid oogenesis, from germarium to stage 10 and in all types of egg chamber cells (nurse cells, follicle cells, oocyte). Germarium and stages 7-8 were revealed to be the most sensitive developmental stages in response to electromagnetic stress induced by the GSM and DCS fields and, moreover, germarium was found to be even more sensitive than stages 7-8.

研究の種別:

研究助成

関連論文