研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[携帯電話放射は酸化的ストレス誘導によりリョクトウの根の成長を阻害する] med./bio.

Mobile phone radiation inhibits Vigna radiata (mung bean) root growth by inducing oxidative stress.

掲載誌: Sci Total Environ 2009; 407 (21): 5543-5547

この研究は、携帯電話からの電磁放射(EMR)が従来のストレス応答の誘導を通じてリョクトウ(Vignaradiata)の成長を阻害するか否かを調べた。携帯電話EMRばく露は、900MHzバンド電力密度8.55 μW/ cm2、ばく露時間30分、1、2、および4時間とした。影響は、マロンジアルデヒドおよび過酸化水素H2O2の含有量、根の酸化力、抗酸化酵素のレベルの変化から活性酸素種ROS)産生を測定することで評価した。その結果、携帯電話EMRは、ばく露時間依存的にリョクトウの発芽(> / = 2 h)、幼根および小球の成長(> / = 1 h)を有意に阻害することが示された;さらに、リョクトウの根において、携帯電話EMRはMDA含有量を高め(脂質過酸化を示唆する)、H2O2の蓄積および根の酸化力を高め、それによって酸化ストレス細胞損傷誘導した;EMRに応答して、リョクトウの根において、スーパーオキシドジスムターゼアスコルビン酸ペルオキシダーゼ、グアイアコールペルオキシダーゼカタラーゼ、およびグルタチオンレダクターゼなどのスカベンジャー酵素の活性が有意に上昇した;以上の知見は、携帯電話EMRが、抗酸化酵素活性の上昇にもかかわらず、ROSによる酸化ストレス誘導することで、リョクトウの根の成長を阻害することを示唆する、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study whether electromagnetic fields from cell phones inhibit growth of mung bean (Vigna radiata) through induction of stress responses.

詳細情報

50 seeds were exposed and 50 seeds were sham-exposed. After exposure, seeds were allowed to germinate in Petri dishes for 48 h.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 0.5 h, 1 h, 2 hr, 4 hr

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 0.5 h, 1 h, 2 hr, 4 hr
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
Distance between exposed object and exposure source 8 cm
チャンバの詳細 26 cm x 47.5 cm x 17.5 cm closed shielded chamber acting as Faraday cage; all walls layered with 2 mm thick aluminum
ばく露装置の詳細 two GSM mobile phones positioned each at one end of the chamber; seeds placed between them; phones used in talk mode
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 8.55 µW/cm² average over time 測定値 - -
電界強度 5.7 V/m - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data showed that cell phone electromagnetic field exposure significantly inhibited the germination (at ≥2 h), and radicle and plumule growths (≥1 h) in mung bean in a time-dependent manner. Furthermore, exposure enhanced malondialdehyde content (indicating lipid peroxidation), and increased hydrogen peroxide cumulation and root oxidizability in mung bean roots (inducing oxidative stress and cellular damage). Under exposure, there was also a significant upregulation in the enzyme activities of scavenging enzymes in the roots.
The authors conclude that cell phone electromagnetic field exposure inhibit root growth of mung bean by inducing reactive oxygen species-generated oxidative stress despite increased enzyme activities of antioxidant enzymes.

研究の種別:

研究助成

関連論文