研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[モルモットの血清生化学パラメータに対する電力周波磁界の生物学的影響] med./bio.

Biological effects of power frequency magnetic fields on serum biochemical parameters in guinea pigs.

掲載誌: Pak J Biol Sci 2006; 9 (6): 1083-1087

研究目的(著者による)

モルモットの血清中の生化学的パラメータに対する超低周波磁界の潜在的影響を調べること。

詳細情報

動物を4群に分けた(各群n=36):1) 偽ばく露、2) 1時間ばく露、3) 2時間ばく露、4) 4時間ばく露ばく露または偽ばく露は連続する5日間に実施し、6日目に血液サンプルを採取した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: 1 h/day, 2 h/day or 4 h/day on 5 consecutive days

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 1 h/day, 2 h/day or 4 h/day on 5 consecutive days
Additional information Remark EMF-Portal: also 5 Hz written in the chapter which explains the magnetic field exposure, but apart from that always 50 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 pair of double-wound coils with an inner diameter of 42 cm; coils mounted horizontally above and below the cage with a distance of 32 cm between them
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.0207 µT - 測定値 - -

Reference articles

  • Kula B (1985): [電源周波数電界にばく露したモルモット肝臓の生化学的パラメータの変化]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

2時間ばく露群では対照群と比較して、血清中の総タンパク質の量は有意に減少した。1時間及び2時間ばく露群では偽ばく露群と比較して、ベータ-グロブリン(これは4時間ばく露群でも)及びガンマ-グロブリンのレベルが有意に低下した。

4時間ばく露群では偽ばく露群と比較して、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼの酵素活性が有意に上昇したが、ガンマ-グルタミルトランスフェラーゼ及びリンゴ酸デヒドロゲナーゼの酵素活性は有意に低下した。

ばく露群では偽ばく露群と比較して、総脂質及びコレステロールのレベル(2時間及び4時間ばく露群)、ならびにトリグリセリドのレベル(4時間ばく露群)が有意に低下した。加えて、4時間/日のばく露血清中のリポタンパク質、コルチゾールグルコースのレベル上昇につながった。

研究の種別:

研究助成

関連論文