研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[長期的な携帯電話使用と前庭神経鞘腫のリスク:デンマークの全国コホート研究] epidem.

Long-Term Mobile Phone Use and the Risk of Vestibular Schwannoma: A Danish Nationwide Cohort Study.

掲載誌: Am J Epidemiol 2011; 174 (4): 416-422

【背景】前庭神経鞘腫は、携帯電話からの無線周波電磁界エネルギーの大部分吸収される脳の領域に発生する。目的と【方法】2つのデンマークの全国規模のコホート研究を用いた。一つは、1995年以前において携帯電話に加入した全ての成人のデンマーク人コホート、もう一つは、社会的・人口統計学的要因とがんリスクに関するコホートである。我々は、この両方のコホートに含まれた対象者における前庭神経鞘腫の発生数を2006年まで追跡した。【結果】対象者290万人を取り込んだこの調査において、≧11年の携帯電話の長期加入は男性の前庭神経鞘腫リスク上昇に関連しなかった(相対リスク推定値0.87、95%信頼区間:0.52-1.46)。女性では、1.6人の期待値に対し、長期加入者における前庭神経鞘腫症例の発生はなかった。デンマーク人の大多数は右耳に携帯電話を当てることを申告しているが、前庭神経鞘腫が頭部の右側により多く発生していなかった。男性の長期加入者における前庭神経鞘腫の大きさは、期待値より大きくはなかった。【結論】全体として、携帯電話使用が前庭神経鞘腫リスクに関連することを示す証拠は見出されなかった。前庭神経鞘腫進行は通常遅く、診断まで時間がかかる可能性があるため、さらに監視することが必要である。

研究の目的(著者による)

長期的な携帯電話使用と前庭神経鞘腫聴神経鞘腫とも呼ばれる)のリスクとの間にあるかも知れない関連を、デンマークの2つの全国コホート研究に基づいて調査した。

詳細情報

一方のコホートは、1982-1995年に携帯電話に加入していた全てのデンマークの成人を含む(n=420095)。もう一方のコホートは、社会人口統計学的要因及びがんリスクについてのデータを含む、1925-1976年に生まれた全ての住民で構成される(n=288万人)。個人認識番号を介して2つのコホートリンクさせることで、288万人の全国コホートの各被験者を、長期的な携帯電話ユーザー(最初の加入が11年以上前)あるいは非ユーザー及び短期的ユーザーに分類した。
長期的な携帯電話加入は、最初の加入が11年以上前と定義した。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (発生率)

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 非ユーザー(加入なし、または11年未満)
集団 2 長期加入のユーザー(最初の加入が11年以上前)

調査対象集団

調査規模

タイプ
合計 2,883,665
その他:

22884931人-年のフォローアップ

統計学的分析方法: ( 調整: )

結論(著者による)

コホート内では合計で男性の症例404人、女性の症例402人が前庭神経鞘腫診断された。
290万人の被験者を含む本研究の結果は、11年以上の長期間の携帯電話加入は、男性における前庭神経鞘腫リスク上昇と関連していないことを示した(RR 0.87 CI 0.52-1.46)。女性では長期間の加入者に症例はいなかった。大多数のデンマーク人は携帯電話を右耳にあてがうと報告したが、前庭神経鞘腫は頭部の右側でより多く生じていなかった。男性の長期間の加入者における腫瘍は予想ほど大きくなかった。
著者らは、全体として、携帯電話使用が前庭神経鞘腫リスクと関連しているという証拠は認められなかった、と結論付けた。前庭神経鞘腫は通常、成長が緩慢であり、診断の遅れがあったかも知れないので、更なる調査が必要である。

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文