研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[1997-2003年及び2007-2009年に診断された聴神経鞘腫と携帯電話及びコードレス電話の使用についての症例対照研究のプール分析] epidem.

Pooled analysis of case-control studies on acoustic neuroma diagnosed 1997-2003 and 2007-2009 and use of mobile and cordless phones.

掲載誌: Int J Oncol 2013; 43 (4): 1036-1044

この研究は、スウェーデンの一部地域において1997-2003年に診断された聴神経鞘腫の20-80歳の男女(この対象者での症例対照研究の結果は公表済み)とその後スウェーデン全国において2007-2009年に診断された聴神経鞘腫の18-71歳の男女(未発表)について、携帯電話およびコードレス電話使用との関連をプール分析した(新しい調査では聴神経鞘腫の症例数が少なかったためと述べている)。いずれの症例に対しても、人口ベースの対照1人を性別と年齢(5歳差以内)をマッチさせてスウェーデン人口登録から同定した。ばく露情報は、自記式質問票と補完のための電話インタビューによった。その結果、症例316、対照3530が参加した(症例1に対照1を同定したと述べていることとの食い違いの理由は不明);携帯電話(アナログタイプ、2Gまたは3Gディジタルタイプに分類)・コードレス電話など機種別、使用期間カテゴリー別、使用頭側別に数多くのオッズ比を算出した;例えば、全て無線電話についての20年以上の使用者のオッズ比は4.4(95% 信頼区間:2.2-9.0)と報告している。

研究の目的(著者による)

聴神経鞘腫携帯電話及びコードレス電話の使用についての症例対照研究プール分析をスウェーデンで実施した。

詳細情報

以下の研究を含めた:1997-2000年の期間をカバーする最初の症例対照研究は、Hardell他(2002) 及び Hardell他(2003) で発表されている。2000-2003年の期間をカバーする第二の研究は、良性脳腫瘍に関しては Hardell他(2005)悪性の脳腫瘍に関しては Hardell他(2006) で発表されている。これらの研究のプール分析は、Hardell他(2006) で発表されている。良性脳腫瘍についての新たな症例対照研究は2007-2009年の期間に実施された。この新たな研究の髄膜腫についての結果は、Carlberg他(2013) で発表されている。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (オッズ比(OR))

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 非ばく露
集団 2 アナログ携帯電話の潜伏期間 > 1年
集団 3 アナログ携帯電話の潜伏期間 > 1-5年
集団 4 アナログ携帯電話の潜伏期間 > 5-10年
集団 5 アナログ携帯電話の潜伏期間 > 10-15年
集団 6 アナログ携帯電話の潜伏期間 > 15-20年
集団 7 アナログ携帯電話の潜伏期間 > 20年
集団 8 デジタル(2G)携帯電話の潜伏期間 > 1年
集団 9 デジタル(2G)携帯電話の潜伏期間 > 1-5年
集団 10 デジタル(2G)携帯電話の潜伏期間 > 5-10年
集団 11 デジタル(2G)携帯電話の潜伏期間 > 10-15年
集団 12 デジタル(2G)携帯電話の潜伏期間 > 15-20年
集団 13 デジタル(2G)携帯電話の潜伏期間 > 20年
集団 14 デジタル(3G)携帯電話の潜伏期間 > 1年
集団 15 デジタル(3G)携帯電話の潜伏期間 > 1-5年
集団 16 デジタル(3G)携帯電話の潜伏期間 > 5-10年
集団 17 デジタル(3G)携帯電話の潜伏期間 > 10-15年
集団 18 デジタル(3G)携帯電話の潜伏期間 > 15-20年
集団 19 デジタル(3G)携帯電話の潜伏期間 > 20年
集団 20 携帯電話の潜伏期間 > 1年
集団 21 携帯電話の潜伏期間 > 1-5年
集団 22 携帯電話の潜伏期間 > 5-10年
集団 23 携帯電話の潜伏期間 > 10-15年
集団 24 携帯電話の潜伏期間 > 15-20年
集団 25 携帯電話の潜伏期間 > 20年
集団 26 コードレス電話の潜伏期間 > 1年
集団 27 コードレス電話の潜伏期間 > 1-5年
集団 28 コードレス電話の潜伏期間 > 5-10年
集団 29 コードレス電話の潜伏期間 > 10-15年
集団 30 コードレス電話の潜伏期間 > 15-20年
集団 31 コードレス電話の潜伏期間 > 20年
集団 32 デジタル電話(2G、3G及び/またはコードレス電話)の潜伏期間 > 1年
集団 33 デジタル電話(2G、3G及び/またはコードレス電話)の潜伏期間 > 1-5年
集団 34 デジタル電話(2G、3G及び/またはコードレス電話)の潜伏期間 > 5-10年
集団 35 デジタル電話(2G、3G及び/またはコードレス電話)の潜伏期間 > 10-15年
集団 36 デジタル電話(2G、3G及び/またはコードレス電話)の潜伏期間 > 15-20年
集団 37 デジタル電話(2G、3G及び/またはコードレス電話)の潜伏期間 > 20年
集団 38 携帯電話+コードレス電話の潜伏期間 > 1年
集団 39 携帯電話+コードレス電話の潜伏期間 > 1-5年
集団 40 携帯電話+コードレス電話の潜伏期間 > 5-10年
集団 41 携帯電話+コードレス電話の潜伏期間 > 10-15年
集団 42 携帯電話+コードレス電話の潜伏期間 > 15-20年
集団 43 携帯電話+コードレス電話の潜伏期間 > 20年

調査対象集団

症例集団

対照集団

調査規模

症例 対照
適格者 338 4,038
参加者 316 3,530
参加率 93 % 87 %
統計学的分析方法: (調整: )

結論(著者による)

本研究の主な結果は、ワイヤレス電話(携帯電話及びコードレス電話)の使用と聴神経鞘腫との関連であった。調査した全ての種類の電話についてリスク上昇が認められ、最も長い潜伏期間でオッズ比が最も高かった(上の表を参照)。潜伏期間が長いカテゴリーでの複数の計算は、少数のばく露された症例に基づいていた。正式には、最も高いオッズ比は第三世代(3G)デジタル携帯電話について計算されたが、この結果は統計的に有意ではなく、少数のばく露された症例に基づいていた。携帯電話及びコードレス電話の両方について、同側使用は反対側よりも高いリスクを生じた。携帯電話及びコードレス電話の累積使用時間100時間毎、及び潜伏期間の年数毎にORが上昇したが、コードレス電話については統計的に有意ではなかった。腫瘍の体積の割合は、アナログ携帯電話について、潜伏期間の年数毎、及び累積使用時間100時間毎に統計的に有意に増加した。

著者らは、本研究は携帯電話及びコードレス電話使用と聴神経鞘腫との関連を証明した先行研究の結果を確認した、と結論付けた。

研究助成

関連論文