研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[低周波電磁界はヒト単球及び免疫細胞株における炎症性遺伝子及びタンパク質の応答を変化させない] med./bio.

Low-frequency electromagnetic fields do not alter responses of inflammatory genes and proteins in human monocytes and immune cell lines.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2012; 33 (3): 226-237

研究目的(著者による)

3つの異なる細胞株でのサイトカイン発現に対する、2つの超低周波電磁界(複合的な、連続的に変化する電磁界、及び一般的な50Hz正弦波信号)の影響を調べること。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 30 min
ばく露2: 320 Hz–2.6 kHz
ばく露時間: continuous for 30 min

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 30 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 coil system consisting of two concentric polymethyl methacrylate cylinders; inner cylinder supports two copper wire solenoid coils, one of these has windings across the whole length, the other on both ends of the cylinder; the outer cylinder supports a third coil with windings on both ends of the cylinder; field deviation in the exposure area ≤ 4%; samples placed in plates with 12 wells in the center of the coil system; exposure system placed inside an incubator at 37°C and 5% CO2
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 5 µT - 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 320 Hz–2.6 kHz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 30 min
Additional information 320 Hz, 730 Hz, 880 Hz, 2600 Hz complex waveform with sharp edges and peaks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 5 µT - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

このデータは、複合的な複数波形の信号への30分間のばく露、または50Hz正弦波信号への30分間のばく露のいずれも、LPSで刺激した単球マクロファージ細胞株、新規に単離した単球、あるいは咽頭上皮細胞株におけるサイトカイン遺伝子発現またはタンパク質発現に対して変調的な影響を生じないことを示した。ゆえに著者らは、これらのばく露条件が免疫シグナル伝達経路変調させるとは予想していない。

研究の種別:

研究助成

関連論文