研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットの心筋に対する電磁界ばく露の影響] med./bio.

The effects of exposure to electromagnetic field on rat myocardium.

掲載誌: Toxicol Ind Health 2013; 29 (5): 418-425

研究目的(著者による)

成獣ラット心臓組織に対する電磁界の影響を、生化学的及び組織形態学的評価によって調べること。

詳細情報

ラット28匹をばく露群(n=14)及び偽ばく露群(n=14)に分けた。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous 4 h/day, 7 days/week for 2 months

General information

28 rats divided into exposed (n=14) and sham exposed (n=14) group

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous 4 h/day, 7 days/week for 2 months
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 rats were placed in polycarbonate cages between the two coils
ばく露装置の詳細 a pair of Helmholtz coils (diameter of 95 cm), each with 320 turns of 2.5 mm copper wire mounted on a wooden frame; distance between the coils was 33 cm
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 3 mT - 測定値 - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

ばく露群では偽ばく露群と比較して、脂質過酸化のレベルが有意に上昇し、スーパーオキシドジスムターゼ及びグルタチオンペルオキシダーゼ酵素活性が低下した。

ばく露ラットでは偽ばく露ラットと比較して、TUNEL陽性細胞の数、及びカスパーゼ-3の免疫反応性が増加した。

電子顕微鏡では、ミトコンドリア変性筋原線維の減少、筋小胞体の拡張、核周囲の空胞形成ばく露ラットに見られた。

結論として、このデータは、磁界ばく露が成獣ラット心筋酸化ストレスアポトーシス及び形態学損傷を生じることを示した。磁界関連の変化は酸化ストレスの増加の結果かも知れない。

研究の種別:

研究助成

関連論文