研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[GSM(0.9/1.8GHz)携帯電話からの無線周波電磁放射(RF-EMR)はラットに酸化ストレス誘導および精子運動性低下を起こす] med./bio.

Radio frequency electromagnetic radiation (RF-EMR) from GSM (0.9/1.8GHz) mobile phones induces oxidative stress and reduces sperm motility in rats.

掲載誌: Clinics (Sao Paulo) 2009; 64 (6): 561-565

この研究は、ラット実験で、フリーラジカル代謝および精子の質に対する携帯電話からの高周波電磁放射RF-EMR)の影響を調べた。オスのアルビノウィスターラット(10 - 12週齢)に、GSM(0.9 / 1.8 GHz)携帯電話からのRF-EMRへのばく露を、1日1時間で28日間連続して与えた。対照群は、同じ期間、電源オフの携帯電話にさらされた。電話機をケージに取り付けたが、電話機から発生する熱の影響を排除するために、電話機底部に木製の板をつけた。最後のばく露から24時間後に動物を屠殺し、組織を摘出した。その結果、電話への1時間のばく露は、ラットばく露群および対照群のどちらでも、顔面温度を有意に変化させなかった;対照群とRF-EMRばく露群の間で総精子数に有意差は観察されなかった;ただし、RF-EMRばく露群では、運動性精子の割合が有意に減少した;さらに、RF-EMRばく露群では、精巣および精巣上体での脂質過酸化上昇およびGSH含有量低下が有意であった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To evaluate the effects of radiofrequency electromagnetic fields from mobile phones on free radical metabolism and sperm quality in reproductive tissue of rats.

詳細情報

Rats were divided into a control group and an exposure group with six animals per group.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz–1.8 GHz
ばく露時間: continuous for 1 h/day on 28 days
-

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz–1.8 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 1 h/day on 28 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 animals and phone kept in a 4" x 2" x 1" cage with a wooden bottom
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No significant difference was found in total sperm count between the control group and the exposed group. However, exposed rats exhibited a significantly reduced percentage of motile sperms. Moreover, exposure resulted in a significant increase in lipid peroxidation and low glutathione content in the testis and epididymis. Facial temperature was not affected in either group of rats.
In conclusion, the authors speculate that radiofrequency electromagnetic fields from mobile phones negatively affect semen quality and may impair male fertility.

研究の種別:

研究助成

関連論文