研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[携帯電話ばく露を受けたウィスターラットの空間記憶タスク遂行成績] med./bio.

Spatial memory performance of Wistar rats exposed to mobile phone.

掲載誌: Clinics (Sao Paulo) 2009; 64 (3): 231-234

この研究は、携帯電話電磁界へのばく露ラットの空間記憶タスクの遂行成績に影響を与えるか否かを調べた。オスのウィスターラット(10 - 12週齢)は、振動モード(着信音なし)に設定されたGSM(900または1800 MHz携帯電話からの不在着信を50回/日の頻度で4週間受けた。このばく露期間の終了後、モリス水迷路テストを実施して、動物の空間記憶能力を試験した。性別・年齢をマッチングさせた対照群でもモリス水迷路テストを行なった。その結果、ばく露群および対照群はどちらも、訓練において避難(円形水槽に入れられ、水面下にある台(ターゲット)に到達すること)に要する時間の有意な低下を示した;ばく露群の方が対照群に比べ、ターゲットが置かれた象限(円形水槽を区切った4象限の一つ)への到達時間は有意に(約3倍)長く、ターゲット象限で費やす時間は有意に(約2倍)短かった。と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To test the effects of mobile phone exposure on spatial memory performance in rats.

詳細情報

Male rats were divided into an exposure group (n=6) and a control group (n=6).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900–1,800 MHz
ばく露時間: 50 missed calls/day, separated by 15 s intervals, for 4 weeks
-

ばく露1

主たる特性
周波数 900–1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 50 missed calls/day, separated by 15 s intervals, for 4 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 phone used in vibration mode; phone placed inside the rats' cage
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Both, the exposure group and the control group showed a significant decrease in escape time with training. Exposed animals displayed three times higher mean latency to reach the target quadrant and spent two times less time in the target quadrant than the control group.
Mobile phone exposure affected the acquisition of learned responses in rats. The exposed animals showed poor spatial navigation.

研究の種別:

研究助成

関連論文