研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[携帯電話使用と神経膠腫リスクとの関連性のメタ分析] epidem.

Meta-analysis of association between mobile phone use and glioma risk.

掲載誌: J Cancer Res Ther 2016; 12 (Supplement): C298-C300

この論文は、Schuz(2006), Lahkola(2007), Takebayashi(2008), Hours(2007), Inskip(2001), Auvienen(2002), Lonn(2005), Christensen(2005), Hepworth(2006), Hardell(2006), Klaeboe(2007)を含めたメタ分析である。統合リスク推定値、フンネルプロット、出版バイアスなどを検討している。携帯電話使用に関する神経膠腫リスクの統合リスク推定値OR=1.08 (95%信頼区間: 0.91-1.25, P > 0.05)、5年以上のユーザでは、OR=1.35 (95%信頼区間: 1.09-1.62, P < 0.05)と報告している。(JEICによる注記:正味2頁の論文である。インターホン研究の一部の個別研究を取り上げながら、総括論文(Interphone Study Group; 2010)を初めとする一連の研究状況には触れていない。研究意図が不明である。)

影響評価項目/リスク推定のタイプ

ばく露

調査対象集団

研究助成

関連論文