研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[携帯電話からのばく露との関連で見た神経膠腫の頭蓋内分布:INTERPHONE研究からの分析] epidem.

The Intracranial Distribution of Gliomas in Relation to Exposure From Mobile Phones: Analyses From the INTERPHONE Study.

掲載誌: Am J Epidemiol 2016; 184 (11): 818-828

この研究は、携帯電話使用と脳腫瘍の関連の研究においては、ヒト脳での高度に限局化された無線周波電磁界エネルギー吸収があるため、腫瘍の位置の正確なデータが必要不可欠であるとの観点に立ち、点過程モデルを用い、INTERPHONE研究から得られた腫瘍位置データを含む情報を利用して両者の関連を調べた。主たる分析には、2000-2004年に神経膠腫診断され、かつ携帯電話の規則的使用者である792人を含めた。その結果、これ以前の結果と同様に、神経膠腫頭蓋内分布と自己申告された携帯電話の位置との間に有意な関連が見られた;その人の好みの頭側が全ての通話で排他的に使用されてはいないとみなした場合も、結果は同じであった;関連は、累積通話時間および累積通話回数とは独立であった;ただし、この分析には自己申告の携帯電話使用頭側を用いており、これは想起バイアスの影響を潜在的に受けるものである;点過程モデルを用いる方法は、腫瘍位置と携帯電話使用の研究で以前に用いられた方法に対する1つのオルタナティブを提供する、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究の目的(著者による)

A case-only analysis was conducted to investigate the association between mobile phone use and glioma using information that included tumor localization data from the INTERPHONE Study.

詳細情報

A 3-dimensional point process model of Grell et al. (2015) was applied to analyze the tumor localization data. This method provides an alternative to previously used epidemiologic research designs when the localization is included in the investigation of brain tumors and mobile phone use.
Regular use of a mobile phone was defined as at least once a week for at least six months.

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ:

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 duration of mobile phone use: < 6 years
集団 2 duration of mobile phone use: ≥ 6 years
参照集団 3 cumulative mobile phone use: < 200 hours
集団 4 cumulative mobile phone use: ≥ 200 hours
参照集団 5 cumulative number of calls: < 4,000
集団 6 cumulative number of calls: ≥ 4,000

調査対象集団

調査規模

タイプ
合計 2,700
適格者 1,530
評価可能 792
統計学的分析方法:

結論(著者による)

A statistically significant association between the intracranial distribution of gliomas and the selfreported location of the mobile phone was observed, in the sense that more gliomas occurred closer to the ear on the side of the head where the mobile phone was reported to have been used the most. The association was independent of the cumulative call time and cumulative number of calls, making it less likely that the association observed is caused by mobile phone use.

研究の限界(著者による)

The model used reported side of mobile phone use, which is potentially influenced by recall bias.

研究助成

関連論文