研究のタイプ: 疫学研究

[携帯電話使用と神経膠腫のリスク:系統的レビューおよびメタ分析] epidem.

Mobile phone use and glioma risk: A systematic review and meta-analysis.

掲載誌: PLoS One 2017; 12 (5): e0175136

この研究は、携帯電話使用とその後の神経膠腫リスクとの潜在的関連を、メタ分析を用いて調査した。1980-2016年に携帯電話使用と神経膠腫についての関連データを報告した研究の系統的検索を実施し、オッズ比OR)および95%信頼区間(CI)のデータを抽出した。最終的なメタ分析には、11報の研究から症例6028人および対照11488人が含まれた。その結果、長期的な携帯電話使用(最短で10年間)と神経膠腫との有意な正の関連が認められた(OR=1.44、95%CI=1.12-1.92)。長期的な携帯電話使用は、低悪性度の神経膠腫について2.22倍高いORと関連していた(OR=2.22、95%CI=1.69-2.92)。いずれの使用期間も、高悪性度の神経膠腫のORとは関連していなかった(OR=0.81、95%CI=0.72-0.92)。腫瘍部位と反対側での携帯電話使用は、使用期間にかかわらず、神経膠腫と関連していなかった。高悪性度の神経膠腫に分析を限定した場合も同様に、関連は認められなかった。著者らは、この結果は長期的な携帯電話使用が神経膠腫リスク上昇と関連しているかも知れないことを示唆している、と結論付けている。但し、証拠の質は低く、量も限られているとしている。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (オッズ比(OR))

ばく露

調査対象集団

調査規模

タイプ
合計 17,516

研究助成

関連論文