研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マウス脳の血管透過性に対する長期間の移動体通信マイクロ波照射の影響] med./bio.

Effect of long-term mobile communication microwave exposure on vascular permeability in mouse brain.

掲載誌: Pathology 2002; 34 (4): 344-347

この研究は、GSM無線周波電磁界への長時間ばく露が、マウス脳の血管透過性に及ぼす影響を調べた。この実験専用に設計された900 MHzばく露システムを用いて、個体別に、遠方界全身ばく露を、1日1回、週5日、104週間継続した。SAR値は、0.25、1.0、2.0、4.0 W/ kgとした。対照には、擬似ばく露群またはケージ内自由行動群(ストレス関連影響を評価するため)を用いた。血管透過性増加の検出には、アルブミン免疫組織化学を用いた。血管トレーサーの有効性は、脳の血管透過性を増加させることが知られているクロストリジウム毒素を投与した陽性対照群で確認した。その結果、すべてのばく露群および対照群において、アルブミン血管流出は最小限度で、軟髄膜で多く見られた;流出は、ある脳では3本の毛細血管または細静脈で最大であったので、3つの冠状脳切片内に存在する非常に多くの血管を考えると、これは意味は持たないと思われた;内因性アルブミン血管トレーサーとした光学顕微鏡レベルの検査の知見から、携帯電話電磁界の長期ばく露血液脳関門の完全性に与える影響は無視しうる程度であることが示された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effect of long-term exposure to global system for mobile communication (GSM) radiofrequency fields on vascular permeability in murine brains.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: repeated daily exposure for 60 min/day, 5 days/week for 2 years
  • SAR: 0.25 W/kg average over mass (whole body)
  • SAR: 1 W/kg average over mass (whole body)
  • SAR: 2 W/kg average over mass (whole body)
  • SAR: 4 W/kg average over mass (whole body)

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • far field
ばく露時間 repeated daily exposure for 60 min/day, 5 days/week for 2 years
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 0.6 ms
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 The exposure system consisted of a cylindrical parallel plate with mice restrained in clear Perspex tubes arranged radially around a dipole antenna. A forced air supply was maintained through the cylinders to ensure no heat build-up, and there was no rise in core body temperature.
Additional information A sham-exposed group and a non exposed, freely moving, cage control group without handling or further confinement were also included. In a positive control group, mice were given Clostridium perfringens type D epsilon toxin.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.25 W/kg average over mass 指定なし whole body -
SAR 1 W/kg average over mass 指定なし whole body -
SAR 2 W/kg average over mass 指定なし whole body -
SAR 4 W/kg average over mass 指定なし whole body -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Prolonged exposure to radiofrequency fields used in mobile communication produced negligible disruption of blood-brain barrier integrity and minimal albumin leakage in control and exposed mice.

研究の種別:

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文