研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[DMBAでイニシエートしたマウス皮膚がんに対するラジオ周波数照射の影響] med./bio.

Effect of radiofrequency radiation exposure on mouse skin tumorigenesis initiated by 7,12-dimethybenz[alpha]anthracene.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2005; 81 (12): 861-867

この研究は、高周波RF電磁界腫瘍促進効果があるか否かを動物実験で調べた。7,12-ジメチルベンズ[a]アントラセン(DMBA)によってイニシェートされた皮膚腫瘍形成を伴うマウスにRF電磁界ばく露を与えた。まず、7週齢のICRマウス(n = 80)の剃毛背部皮膚に1回のDMBA処置(100 mg / 100 mlアセトン/マウス)を行い、その1週間後、マウスを無作為に20匹ずつの4群に分けた:擬似ばく露群、849 MHzばく露群、1,763 MHzばく露群、12-O-テトラデカノイルホルボール-13-酢酸(TPA)処置群。2つの周波数でのRFばく露は、全身平均比吸収率SAR)0.4 W / Kgで45分間のばく露を、1日2サイクル(15分間隔)で週5日、19週間実施した。TPA処理群はRFばく露なしで週に2回TPA(4 mg / 100 mlアセトン/マウス)を投与し、皮膚腫瘍形成陽性対照として用いた。すべてのマウスを肉眼レベルで毎週検査したほか、DMBAによるイニシェート後の20週目に、皮膚組織病理学的検査および抗増殖細胞核抗原(PCNA)抗体を用いた免疫組織化学的分析を実施した。その結果、TPA処理された陽性対照群を除き、どの群にも皮膚腫瘍は観察されなかった;TPAはDMBA誘発皮膚発がんの既知の腫瘍プロモータであり、TPA処置群の腫瘍発生率は95 %であった;イニシェートから20週目の皮膚組織病理学的検査およびPCNA染色において、擬似ばく露群とRFばく露群とに差はなかった;サイクリンD1およびc-fosの発現は、TPA処理群の腫瘍皮膚組織でのみ検出された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study if radiofrequency irradiation has a tumor promoting effect, mice with skin tumorigenesis initiated by DMBA (1000 µg/100 µl acetone/mouse on shaved dorsal skin) were exposed to radiofrequency irradiation

詳細情報

One week after DMBA treatment, the animals were randomized into four equal groups of 20 mice each: sham exposed, 849 MHz-, 1,763 MHz-exposed, and TPA-treated (as positive control) groups.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 848.5 MHz
ばく露時間: repeated daily exposure, 45 min on/15 min off/45 min on, 5 days/week for 19 weeks
  • SAR: 0.4 W/kg average over mass (whole body)
ばく露2: 1,762.5 MHz
ばく露時間: repeated daily exposure, 45 min on/15 min off/45 min on, 5 days/week for 19 weeks
  • SAR: 0.4 W/kg average over mass (whole body)

General information

Mice were randomly divided into four exposure groups: 849 MHz-exposed, 1763 MHz-exposed, sham-exposed and TPA-treated.

ばく露1

主たる特性
周波数 848.5 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 repeated daily exposure, 45 min on/15 min off/45 min on, 5 days/week for 19 weeks
Modulation
Modulation type cf. additional information
Additional information

CDMA signal for cellular system

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • signal generator
チャンバの詳細 reverberation chamber (2293 x 2296 x 1700 mm³) made of stainless steel and fitted with a mode stirrer for field uniformity
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.4 W/kg average over mass 測定値および計算値 whole body -

ばく露2

主たる特性
周波数 1,762.5 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 repeated daily exposure, 45 min on/15 min off/45 min on, 5 days/week for 19 weeks
Modulation
Modulation type cf. additional information
Additional information

CDMA signal for personal communication service (PCS)

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.4 W/kg average over mass 測定値および計算値 whole body -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
  • skin
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The results suggest that 849 MHz and 1763 MHz radiofrequency irradiations, similar to those emitted from mobile phones, do not have any tumor promoting effect on skin tumor development in DMBA-initiated mice. Skin tumors were observed only in the TPA-treated positive control group.

研究の種別:

研究助成

関連論文