研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マウス皮膚に7,12-ジメチルベンズ(a)アントラセンでイニシェートした発がんは1.5GHz近傍電磁界によりプロモーションされない] med./bio.

Lack of promotion of 7,12-dimethylbenz[a]anthracene-initiated mouse skin carcinogenesis by 1.5 GHz electromagnetic near fields.

掲載誌: Carcinogenesis 2001; 22 (11): 1837-1841

この研究は、PDC方式デジタル携帯電話に採用されている1.5GHz TDMA(時分割多元接続)信号の近傍電磁界EMFばく露が、7,12‐ジメチルベンズ[a]アントラセン(DMBA)でイニシェートされたマウス皮膚発がんに及ぼす影響を調べた。10週齢のメスのICRマウスの剃毛した背部皮膚にDMBAのアセトン溶液を1回塗布する処置を行い、その1週間後、マウスを4群に分けた。EMFばく露群(DMBA-EMF)、擬似ばく露群(DMBA-Sham)、12-O-テトラデカノイルホルボール-13-アセテート(TPA)投与された陽性対照群(DMBA - TPA)、および無処置群(DMBA−対照)である。EMF近傍界ばく露は、皮膚局所ピークSARは2.0 W / kg、全身平均SARは 0.084 W / kg(SARの平均に対するピークの比は24)で、1日90分、週5日、19週間実施した。 20週目に動物を屠殺し、皮膚腫瘍を病理組織学的に分析した。その結果、DMBA-EMF、DMBA-Sham、DMBA-TPAおよびDMBA-対照群における皮膚腫瘍発生率はそれぞれ、0/48(0 %)、0/48(0 %)、29/30(96.6 %)および1/30(3.3 %)であった;病理組織学的には、DMBA-TPA群で乳頭腫扁平上皮がんが観察され、DMBA対照群乳頭腫のみが観察された;DMBA-TPAおよびDMBA-対照群における扁平上皮乳頭腫および扁平上皮がん発生率はそれぞれ、29/30(96.6 %)および1/30(3.3 %)であり、マウス当たりの腫瘍数(腫瘍多重度)はそれぞれ、18.8±13.4および0.1±10.5であった;以上から、携帯電話に使用される1.5GHzのEMFの近傍界ばく露は、DMBAイニシェート皮膚腫瘍形成に対していかなる増強効果も及ぼさないことが示された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of 1.5 GHz electromagnetic near fields of TDMA signal on mouse skin carcinogenesis initiated by 7,12-dimethylbenz[a]anthracene (DMBA).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1.49 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: repeated daily exposure, 90 min/day, 5 days/week for 19 weeks
  • SAR: 2 W/kg maximum (skin local peak)
  • SAR: 0.084 W/kg average over mass (whole body)

ばく露1

主たる特性
周波数 1.49 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • near field
ばく露時間 repeated daily exposure, 90 min/day, 5 days/week for 19 weeks
Modulation
Modulation type pulsed
Duty cycle 33 %
Repetition frequency 50 Hz
Additional information

TDMA signal for the PDC system

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • モノポール
Distance between exposed object and exposure source 3 mm
チャンバの詳細 Each mouse was placed in an aluminium box that was covered inside with RF absorber (< -21.8 dB at 1.5 GHz) except for the roof and the front door. The front door was a new type of transparent (20 dB) absorber. Forty-eight exposure boxes were used (24 for EMF and 24 for sham exposure).
ばく露装置の詳細 The EMF was directed at the mouse skin by an electrically short monopole antenna with capacitive loading, implemented using a circular metal plate (7 mm diameter, 1 mm thick) attached to the tip of a 1/8-wavelength monopole element, and producing highly localized peak SARs. The roof of the box acted as the ground for the antenna. The mouse was held in a ventilated plastic cylinder with a slit at the top allowing a distance of only 3 mm between skin and antenna.
Additional information One week after being subjected to topical application of DMBA on pre-shaved dorsal skin the mice were divided into four groups, receiving EMF exposure, sham exposure, weekly topical applications of TPA as positive control and no treatment as carcinogen control.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2 W/kg maximum 測定値および計算値 - skin local peak
SAR 0.084 W/kg average over mass 測定値および計算値 whole body -

Reference articles

  • Imaida K et al. (1998): [中程度の期間により肝臓バイオアッセイによるラット肝臓発がんに対する携帯電話(929.2 MHz)使用近傍電磁界にはプロモータ効果はない]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The results demonstrated that near field exposure to 1.5 GHz electromagnetic field, used for cellular phones, does not exert any enhancing effect on skin tumorigenesis initiated by DMBA.

研究の種別:

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文