研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[Patched1ヘテロ接合マウス新生仔に対する900 MHzGSMばく露の影響] med./bio.

Effects of exposure of newborn patched1 heterozygous mice to GSM, 900 MHz.

掲載誌: Radiat Res 2007; 168 (6): 733-740

Pacthed1ヘテロ接合ノックアウトマウス(Ptc1+/-)は多臓器腫瘍形成動物モデルで、このモデルにおいて電離放射線腫瘍発生を劇的に加速する。このモデルを用いて、新生児マウスに対する電磁場(EMFs)の腫瘍発生への影響の可能性を調べた。200匹のPtc1+/-マウスと野生型の同腹仔がこの研究に参加登録された。新生児マウスは900MHz無線周波放射(平均SAR:0.4W/kgで5日間、0.5時間を1日に2回)にばく露、または擬似ばく露した。ばく露マウスと擬似ばく露マウスの生存に統計的に有意な違いは見られなかったことから、グローバル・システム・フォー・モバイル・コミュニケーション(GSM)を模擬したRF EMFsは、マウスの生存に影響しないことが見出された。また、Ptc1関連の脳腫瘍の発症および組織学に関して、無線周波放射に起因する影響は観察されなかった。さらに、皮膚表現型を分析し、表皮基底層における増殖効果、このモデルの基底細胞腫瘍表現型に典型的な前がん病変の急激な進行に関するRF EMFsの影響を調べた。新生児期の無線周波放射ばく露による皮膚での増殖または促進の影響の証拠は見られなかった。また、擬似ばく露ばく露マウスの間で、Ptc1関連の横紋筋肉腫における違いは検出されなかった。したがって、今回の実験条件下では、腫瘍に高い感受性をもつマウスモデルにおいて、GSM RF放射新生児ばく露による寿命短縮や腫瘍形成の影響の証拠はなかった。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study whether Patched1 mice are susceptible to the effects of radiofrequency electromagnetic field exposure at mobile phone frequencies during the neonatal period.

詳細情報

Patched1 heterozygous knockout mouse (Ptc1+/-) is an animal model of multiorgan tumorigenesis in which ionizing radiation dramatically accelerates tumor development.
200 newborn Ptc1+/- mice and their wild-type littermates were used.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 0.5 h/twice a day for 5 days (from day 2 to day 6 after birth) with a 6 h intervall between exposures
  • SAR: 0.4 W/kg average over mass (whole body)

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • near field
ばく露時間 0.5 h/twice a day for 5 days (from day 2 to day 6 after birth) with a 6 h intervall between exposures
Modulation
Modulation type pulsed
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 mice fixed in two 120 cm long TEM cells
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.4 W/kg average over mass 計算値 whole body -

Reference articles

  • Crawford ML (2016): [TEM伝搬細胞を使用する標準電磁界の生成]
  • Ardoino L et al. (2005): [電磁界の生物学的影響の研究を目的としたIn vivoパイロット試験用の無線周波システム]
  • Gatta L et al. (2003): [マウス末梢リンパ球に対するGSM変調900MHz放射線へのイン・ビボばく露の影響]
  • Balzano Q et al. (2000): [900 MHzでの動物実験で正確に全身平均SARを決定するための効率的なRFばく露装置]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Under the experimental conditions studied, there was no evidence of life shortening or tumorigenic effects of neonatal exposure to GSM radiofrequency exposure in a highly tumor-susceptible mouse model.

研究の種別:

研究助成

関連論文