研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[2種のヒトがん細胞株における細胞増殖、イオン濃度および浸透圧で観察された正弦波磁界の影響] med./bio.

Effects of sinusoidal magnetic field observed on cell proliferation, ion concentration, and osmolarity in two human cancer cell lines.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2006; 25 (2): 113-126

この研究は、2つのヒトがん細胞株(HL-60とSK-Hep-1)の細胞増殖イオン濃度、浸透圧に対する20 mT、50 Hzの正弦波磁界の影響を調べた。その結果、ばく露群では細胞増殖抑制が観察された;一方、ばく露群では、対照群と比較して、細胞上清中のNa+、K+イオン濃度および浸透圧も増加を示した;さらに、振動磁界ばく露中の細胞モデル、および細胞内外のイオンの特性について理論的に解釈をすると、実験データは理論分析と一致しているように見える;これらの知見は、インビトロでの細胞増殖磁界による抑制には、細胞イオン濃度および浸透圧の変化が関連する可能性を示唆する、と報告している。

研究目的(著者による)

2つのヒトがん細胞株における、細胞増殖イオン濃度及びモル浸透圧濃度に対する、50Hz正弦波磁界(20mT)の影響を調べること。

詳細情報

K+チャネルは、腫瘍形成に関わる細胞周期進行アポトーシス、及び免疫反応の調節に重要な役割を担っている。Na+イオンは、細胞機能の多くの生理学的生化学的、形態学的側面に関わっている。

細胞からのNa+、及び細胞へのK+のアクティブな輸送は、生きた細胞の浸透圧の安定化につながっている。培地浸透圧は細胞機能に影響を及ぼす。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuously for 1, 2, 3 or 4 days

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuously for 1, 2, 3 or 4 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 vertical magnetic field; cells were placed in the center of the coils
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 20 mT unspecified 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

データは、20mT、50Hzの磁界が HL-60及びSK-HEP-1細胞の増殖イオン濃度及び浸透圧を変化させることを示している。イオン濃度及び浸透圧の上昇は、細胞濃度の減少に相当した。

加えて、振動する磁界ばく露した細胞の理論モデル、ならびに細胞の内外でのイオンの特徴が記述された。実験データは理論的分析と整合するようであった。磁界によるイン・ビトロでの細胞成長の阻害は、細胞内イオン濃度及び浸透圧の変化に関連しているかも知れない。

研究の種別:

研究助成

関連論文