研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マウスの骨髄細胞に対するGSM変調無線周波電磁界の影響] med./bio.

Effects of GSM-modulated radiofrequency electromagnetic fields on mouse bone marrow cells.

掲載誌: Radiat Res 2008; 170 (6): 803-810

この研究は、GSM変調900 MHz RF電磁界全身ばく露SAR 2 W / kg、2時間/日、5日/週、4週間)を受けたマウスの骨髄細胞の能力を調べた。骨髄細胞の能力は、致死レベルのX線照射を受けたマウスにその骨髄細胞移植し、骨髄細胞分化し、リン器官にコロニーを形成し、マウスを死から救う能力を示すか否かで評価した。X線照射されたマウスに、1) 培養液のみの注射、2) RF電磁界ばく露を受けたドナーマウスの骨髄細胞を含む培養液を注射、3) 擬似ばく露を受けたドナーマウスの骨髄細胞を含む培養液を注射、4) ケージ対照ドナーマウスの骨髄細胞を含む培養液を注射のいずれかの処置を行なった。その結果、培地のみを注射したマウスはすべて死亡した;骨髄細胞移植されたマウスは生存した;骨髄細胞移植の3週間後および6週間後において、3つの移植群間で、胸腺細胞性および分化中の細胞亜集団(CD4 / CD8発現により特定)の頻度に差異は認められなかった;マイトジェン誘発性の胸腺細胞増殖は、3つの移植群で同等レベルであった;移植されたマウスの脾臓のTおよびB細胞に関しても、RF電磁界ばく露の影響は見られなかった;結論として、骨髄前駆細胞リン器官にコロニーを形成し、成熟したTおよびBリンパ球分化する能力に対して、それを提供したマウスのGSM変調RF電磁界ばく露の影響は見られなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the functional ability of bone marrow cells from mice exposed to GSM signals to colonize lymphatic organs generating mature T cells and B lymphocytes and rescue lethally X-irradiated mice from death.

詳細情報

Lethally X-irradiated (9 Gy) mice were injected with medium alone or containing bone marrow cells from either radiofrequency electromagnetic field exposed or sham-exposed or cage control donor mice. Each group of recipient mice consisted of 16 mice, eight of them were killed 3 and 6 weeks after transplantation.
In this study, hematopoietic precursor cells are challenged to differentiate and proliferate under the pressure of a lymphopenic environment.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
ばく露時間: 2 h/day, 5 days/week for 4 weeks
  • SAR: 2 W/kg average over mass (whole body)

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 2 h/day, 5 days/week for 4 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
  • operating in test mode
チャンバの詳細 12 cm x 12 cm x 120 cm TEM cell
ばく露装置の詳細 during exposure mice housed in transparent cylindrical perspex jigs that did not allow them to move
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2 W/kg average over mass 測定値および計算値 whole body -

Reference articles

  • Nasta F et al. (2006): [B細胞周辺分化と抗体産生に及ぼすGSM変調RF電磁界の影響]
  • Ardoino L et al. (2005): [電磁界の生物学的影響の研究を目的としたIn vivoパイロット試験用の無線周波システム]
  • Ebert S et al. (2005): [拘束状態で905 MHzばく露を受けたマウスの体温調節閾値および調節破綻閾値]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data showed no effect of in vivo exposure to GSM-modulated radiofrequency fields on the ability of bone marrow precursor cells to colonize lymphoid organs and to differentiate in phenotypically and functionally mature T cells and B lymphocytes.

研究の種別:

研究助成

関連論文