研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[間欠的な超低周波磁界に応じたDNA及び染色体損傷] med./bio.

DNA and chromosomal damage in response to intermittent extremely low-frequency magnetic fields.

掲載誌: Mutat Res Genet Toxicol Environ Mutagen 2009; 672 (2): 82-89

研究目的(著者による)

交番磁界がヒト初代線維芽細胞にDNA及び染色体損傷を生じる能力を調べること。

詳細情報

陽性対照電離放射線照射を用いた。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: 5 min on - 10 min off - for 15 h

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 5 min on - 10 min off - for 15 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 200 mm long solenoid with a diameter of 100 mm and 400 turns of 1.5 mm copper wire plus 52 turns at either end that can be energized independently in order to enhance the field uniformity; solenoid housed in a double-skinned mu-metal enclosure within a temperature-controlled incubator
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 50 µT minimum - - -
磁束密度 100 µT - - - -
磁束密度 500 µT - - - -
磁束密度 1,000 µT maximum - - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

交番磁界ばく露後のヒト初代線維芽細胞のDNA一本鎖及び二本鎖切断、ならびに目に見える染色体変化のデータは、有意なレベルの損傷の検出には至らず、REFLEXプロジェクトからの陽性の知見は依然として確認できなかった。

研究の種別:

研究助成

関連論文