研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[CDMA携帯電話の無線周波電磁界はラットの精巣に組織学的変化を生じない] med./bio.

The lack of histological changes of CDMA cellular phone-based radio frequency on rat testis.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2010; 31 (7): 528-534

この研究は、無線周波RF電磁界によるラット精巣組織学的変化を、特に精子形成という敏感なプロセスについて調べた。雄ラットに848.5MHzのRFを12週間ばく露した。RFばく露のスケジュールは、15分間のインターバルをはさみ45分間のRFばく露2回とした。RFの全身平均SARは2.0W/kgであった。影響評価指標は、精巣上体尾部における精子数、精巣および精巣上体におけるマロンジアルデヒド濃度、精巣における精子形成段階の頻度、生殖細胞数、アポトーシス細胞の出現とした。また擬似ばく露とRFばく露ラット精巣でのp53、bcl-2カスパーゼ3、p21、PARPについて免疫ブロット法を実施した。その結果、848.5MHz、SAR 2.0 W/kgのRFの亜慢性ばく露ラット精子形成に対する悪影響は観察されなかったと報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study if radiofrequency electromagnetic fields, which does not induce thermal effects but produces a relatively high dose rate, negatively affects spermatogenesis in rats.

詳細情報

40 male rats were divided into an exposure and a sham exposure group.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 848.5 MHz
ばく露時間: 90 min./day (2 x 45 min. separated by a 15 min. interval) , 5 days/week for 12 weeks

ばく露1

主たる特性
周波数 848.5 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 90 min./day (2 x 45 min. separated by a 15 min. interval) , 5 days/week for 12 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • signal generated by a computer, then amplified
チャンバの詳細 experiments done in a 2293 mm x 2296 mm x 1700 mm reverberation chamber
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 25 W - - - -
SAR 2 W/kg - 計算値 whole body -
電界強度 26.87 V/m minimum 測定値 - -
電界強度 207.29 V/m maximum 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No significant differences in any parameter investigated were noted during spermatogenesis in rats exposed to 12 weeks of radiofrequency electromagnetic field at 848.5 MHz with a SAR of 2 W/kg. Thus, these data suggest that exposure to 848.5 MHz at a SAR of 2 W/kg has no adverse effects on the male reproductive system.

研究の種別:

研究助成

関連論文