研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[HL-60細胞での無線周波電磁界ばく露による遺伝毒性影響は再現されない] med./bio.

Genotoxic effects of exposure to radiofrequency electromagnetic fields (RF-EMF) in HL-60 cells are not reproducible.

掲載誌: Mutat Res Genet Toxicol Environ Mutagen 2013; 755 (2): 163-166

この研究は、REFLEX研究の一部として報告されたHL-60細胞での無線周波電磁界RF-EMFばく露による遺伝毒性影響について、オリジナルの実験を行ったベルリンの研究者も含めたチームで再現実験を反復した。かつて報告されたRF-EMFによる遺伝毒性影響は、コメットアッセイ小核試験により測定されたが、結果のもっともらしさおよび信頼性に疑問が持たれていた。報告された知見の生物学的意味を明確にする目的で、REFLEX研究と全く同じ実験条件でのコメットアッセイ小核試験を、反復的に実施した。その結果、HL-60細胞でのRF-EMFばく露による遺伝毒性影響の誘発を再現できなかった;実験を繰り返したが、遺伝毒性影響は測定されなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To reproduce findings of the REFLEX project on genotoxic effects in the human lymphoblastoid cell line HL-60 (the data have not been published in a scientific journal, but they are part of the Final Report of the REFLEX project).

詳細情報

Two independent repeat experiments were performed. Ionizing radiation (2 Gy) served as a positive control, as well as menadion (10 µM) as positive control for the comet assay and mitomycin C (0.1 µM) for the micronucleus assay.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1,800 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: intermittent, 5 min on/10 min off for 24 h
  • SAR: 1.3 W/kg
ばく露2: 1,800 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: intermittent, 5 min on/10 min off for 24 h

ばく露1

主たる特性
周波数 1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 intermittent, 5 min on/10 min off for 24 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露装置の詳細 exposure system described in detail at Speit et al. 2007; cells were exposed in 35-mm Petri dishes
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1.3 W/kg - - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 intermittent, 5 min on/10 min off for 24 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 10 W/kg - - - -

Reference articles

  • Speit G et al. (2007): [培養哺乳類細胞における無線周波数電磁界(RF-EMF)ばく露による遺伝毒性影響は独立に再現されない]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The attempts to reproduce the induction of genotoxic effects by radiofrequency electromagnetic fields in HL-60 cells failed. No genotoxic effects were found. The authors could not find an explanation for the conflicting results. However, the negative repeat experiments suggest that the biological significance of genotoxic effects of radiofrequency electromagnetic fields reported by the REFLEX project should be re-assessed.

研究の種別:

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文