研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[超低周波電磁界はヒト肺線維芽細胞株MRC-5の増殖能および酸化還元恒常性の変化を生じる] med./bio.

Extremely low-frequency electromagnetic field induces a change in proliferative capacity and redox homeostasis of human lung fibroblast cell line MRC-5.

掲載誌: Environ Sci Pollut Res Int 2020; 27 (31): 39466-39473

この研究は、超低周波(ELF)電磁界ばく露したヒト肺線維芽細胞株MRC-5の増殖能および酸化還元恒常性の変化を調べた。MRC-5を1時間/日、1、2、3、7日間、50 Hz電磁界ばく露し、最後のばく露の24時間後に細胞の増殖能、ならびに酸化/抗酸化系の成分(スーパーオキシドアニオン(O2.-)、過酸化水素H2O2)、一酸化窒素NO)、ペルオキシナイトライト(ONOO-)、還元グルタチオンGSH)、酸化グルタチオンGSSG)、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)、カタラーゼ(CAT)、グルタチオン ペルオキシダーゼGSH-Px)、グルタチオン還元酵素(GR)、およびグルタチオンS-トランスフェラーゼ(GST))の濃度および活性を判定した。その結果、ELF電磁界酸化/抗酸化防御系の偏重を通じてMRC-5の細胞周期の制御に影響し、その影響はばく露時間に依存することが示された、と著者らは報告している。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 10 mT - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究助成

関連論文