研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[イン・ビトロでヒト白血球にX線が誘導したDNA損傷およびその修復に対する1.8GHz(GSM)無線周波放射(RFR)の影響] med./bio.

Influence of 1.8-GHz (GSM) radiofrequency radiation (RFR) on DNA damage and repair induced by X-rays in human leukocytes in vitro.

掲載誌: Mutat Res Genet Toxicol Environ Mutagen 2009; 677 (1-2): 100-104

この研究は、インビトロ実験でコメットアッセイを使用して、1.8 GHz無線周波電磁放射(RFR)がX線照射を受けたヒト白血球のDNA修復に影響を与えるか否かを調べた。4人の若い健康なドナーから採取した白血球に、2 W / kg(現在のヨーロッパの安全限度値)の比エネルギー吸収率SAR)のRFRの断続的ばく露(5分間オン/10分間オフ)を24時間与え、その後、0.25、0.5、1.0、および2.0 Gyの線量でX線を照射した。X線照射から0、15、45、90、150、および240分後に、ヒト白血球のDNA損傷をコメットアッセイにより測定した。コメットの尾でのDNAの割合(%テイルDNA)はDNA損傷の指標、DNA修復率(DRP)はDNA修復速度の指標となる。その結果、X線ばく露後のヒト白血球におけるDNA修復速度には、4人のドナー間で個人差が見られた;2 W / kgのSARでの24時間1.8GHz RFRを断続的ばく露は、直接的なDNA損傷誘導も、X線との相乗効果も示さなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study whether 1.8 GHz radiofrequency irradiation can influence DNA repair in human leukocytes exposed to X-rays.

詳細情報

Leukocytes from four young healthy donors were intermittently exposed to radiofrequency for 24 h, and then irradiated with X-rays at doses of 0.25, 0.5, 1.0 and 2.0 Gy. DNA damage was detected at 0, 15, 45, 90, 150 and 240 min after exposure to X-rays.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1.8 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 5 min on - 10 min off, for 24 hr
  • SAR: 2 W/kg average over time

General information

all cells were exposed to X-rays after RF exposure or sham exposure

ばく露1

主たる特性
周波数 1.8 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 5 min on - 10 min off, for 24 hr
Modulation
Modulation type pulsed
Duty cycle 12.5 %
Repetition frequency 217 Hz
Pulse type rectangular
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 waveguide inside an incubator; cells kept inside the waveguide at a constant temperature; cells placed in the H-field maximum of the standing wave
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2 W/kg average over time - - -

Reference articles

  • Zeng Q et al. (2006): [MCF-7細胞での遺伝子およびタンパク質発現に対するGSM1800MHzの無線周波電磁界の影響]
  • Leszczynski D et al. (2004): [携帯電話放射の生物学的影響を特定するための発見科学的アプローチの適用可能性]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data showed that the DNA repair speeds of human leukocytes after X-ray exposure exhibited individual differences among the four donors. Additionally, the intermittent exposures of 1.8 GHz radiofrequency for 24 h did not directly induce a DNA damage or exhibit synergistic effects with X-rays on human leukocytes.

研究の種別:

研究助成

関連論文