研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[スポット溶接工の血漿及び赤血球細胞中の抗酸化活性に対する超低周波磁界の影響] med./bio.

Effect of extremely low frequency magnetic field on antioxidant activity in plasma and red blood cells in spot welders.

掲載誌: Int Arch Occup Environ Health 2009; 82 (2): 259-266

研究目的(著者による)

超低周波磁界ばく露とヒトの抗酸化活性との間にあるかも知れない関連を判断すること。

詳細情報

同じ工場の46人の男性スポット溶接工及び対照群(n=45)を調べた(平均雇用期間=3.8年)。両群は人口統計学的特性、雇用条件及び除外クライテリアでマッチさせた。作業者は動的な電磁界に40時間/週(6日間/週)ばく露された。交代制勤務の開始前(12時間の断食後)、血液サンプルを採取した。抗酸化活性に対する影響を制御するため、金属蒸気の濃度(交絡変数)を測定した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: 40 h/week for 3.8 years (mean time)

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 40 h/week for 3.8 years (mean time)
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • spot welding station
Distance between exposed object and exposure source 1 m
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 20 V/m minimum 測定値 - at the worker's chest
電界強度 133 V/m maximum 測定値 - at the worker's chest
磁束密度 8.8 µT minimum 測定値 - at the worker's chest
磁束密度 84 µT maximum 測定値 - at the worker's chest

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

全抗酸化活性の平均濃度は、非ばく露群よりもばく露群で高かった;但し、この差は有意ではなかった。ばく露群の赤血球細胞では、スーパーオキシドジスムターゼ活性及びグルタチオンペロキシダーゼ活性の有意な低下が認められた。磁界強度と、スーパーオキシドジスムターゼ活性及びグルタチオンペロキシダーゼ活性との有意な負の相関が認められた。金属蒸気ばく露と抗酸化活性との有意な相関はなかった。

この知見は、推奨されているばく露レベルでも生じ得る、磁界強度赤血球の抗酸化活性との量‐反応関係を示唆しているかも知れない。この結果は、超低周波磁界赤血球細胞の酸化活性に影響力を及ぼすことができ、酸化ストレッサとして作用するかも知れないことを示している。

研究の種別:

研究助成

関連論文