[ラットの血液像および血液生化学に対する1 mTでの超低周波電磁界ばく露の影響] temp.

The effects of extremely low frequency electromagnetic fields exposure at 1 mT on hemogram and blood biochemistry in rats.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2021; 40 (1): 138-149

この研究は、成体ラット血液学的および生化学的指標に対する超低周波(ELF)磁界の影響を調べた。成体の雄のSprague-Dawleyラット30匹を1 mTのELF磁界に24週間ばく露し、別の30匹を擬似ばく露した。ばく露期間中、4週ごとに末梢血を採取し、血液学的パラメータおよび生化学的指標を分析した。実験終了時に肝臓および腎臓の形態をヘマトキシリンエオシン染色で検出した。その結果、磁界ばく露では擬似ばく露群と比較して、総白血球数、好中球比、白血球比、赤血球細胞ヘモグロビン濃度および血小板数を含む、血液学的パラメータに統計的有意差は認められなかった。同様に、グルコース脂質プロファイル、肝機能および腎機能等の生化学的指標に対するばく露の影響は認められなかった。ばく露群の肝臓および腎臓形態学的変化も認められなかった、と著者らは報告している。

ばく露