研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[妊娠中の携帯電話(900-1800MHz)へのばく露:出産後の組織の酸化ストレス] med./bio.

Exposure to mobile phone (900-1800 MHz) during pregnancy: tissue oxidative stress after childbirth.

掲載誌: J Matern Fetal Neonatal Med 2018; 31 (10): 1298-1303

この研究は、携帯電話(900-1800MHz)から発せられる電磁放射が、マウスの母獣とその仔の心臓肝臓腎臓小脳および海馬での酸化還元状態に対する影響を調査した。妊娠したBalb/Cマウスを対照群およびばく露群に分け、ばく露群を携帯電話(900-1800MHz)に妊娠中にばく露(2時間/日、20日間)した。両群の母獣とその仔を屠殺し、直後に調査対象の組織を採取した。各組織でのマロンジアルデヒドMDA)濃度、全チオール基(TTG)含量、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)、カタラーゼ(CAT)活性を判定した。その結果、ばく露群では、母獣とその仔の全組織で、MDAレベルが有意に上昇したが、TTG、SOD、CATは有意に低下した。著者らは、妊娠中の携帯電話(900-1800MHz)へのばく露は母獣とその仔の組織酸化ストレスを生じる、と結論付けている。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900–1,800 MHz

ばく露1

主たる特性
周波数 900–1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露装置
Distance between exposed object and exposure source 2 m
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 1 mW/m² mean 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究助成

関連論文