[成人の脳および頭頚部の腫瘍に関する国際的症例対照研究:予備的研究の結果] tech./dosim.

International Case-Control Study of Adult Brain, Head and Neck Tumours: Results of the Feasibility Study

掲載誌: Radiat Prot Dosimetry 1999; 83 (1-2): 179-183

この予備的研究は、成人の頭頚部の腫瘍脳腫瘍を含む)と携帯電話に関するマルチ研究センター方式の研究の実現可能性を評価するために必要な情報を収集、分析した。オペレータ記録の入手可能性と利用しやすさ、携帯電話使用の普及率の時間的経過、研究対象予定地域における腫瘍症例の予測数についての情報を得た。結果として、携帯電話使用と脳腫瘍リスクの関連についての調査は実現可能である;しかし、無線周波ばく露がんリスクの関連についての調査の実現可能性は、現時点では不明である;調査対象者を適切にばく露分類できるほどの十分な精度と確度をもつRFばく露勾配が引き出せるか否かは不明である;携帯電話使用と唾液腺腫瘍および聴神経鞘腫リスクとの関連についての調査はおそらく実現可能であろうが、調査地域でのこれらの症例の突きとめの方法論的課題についてさらに情報が必要である、と報告している。

ばく露

この論文に対するコメント

関連論文