研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[都市部及び農村部での携帯電話使用と脳腫瘍のリスク] epidem.

Use of cellular telephones and brain tumour risk in urban and rural areas.

掲載誌: Occup Environ Med 2005; 62 (6): 390-394

この研究は、携帯電話またはコードレス電話の使用と脳腫瘍リスクとの関連を調べる症例対照研究である。特に地理学的に異なる2つのエリア(都市部および農村部)の影響を検討した。スウェーデン中央部に住み、1997年1月1日から2000年6月30日までに診断された20〜80歳の脳腫瘍患者を症例とし、症例1人に対し1人の対照を、性別および5歳階級の年齢をマッチさせて選出した。使用している電話の情報を質問票調査した。その結果:参加症例数は1429、対照は1470であった;農村居住の影響は、デジタル携帯電話で最も顕著であった;農村居住者でのオッズ比OR)は1.4(95 %CI 0.98-2.0)であり、デジタル電話の使用期間が5年を超える使用者に限定した場合は3.2(同1.2から8.4)に上昇した;都市居住者でのそれぞれのORは、0.9(同0.8〜1.2)および0.9(同0.6〜1.4)であった;居住地域タイプによる違いは悪性脳腫瘍で最も顕著であった;ただし、少数例に基づく分析であるため、解釈には注意が必要である、と報告している。

研究の目的(著者による)

本研究では、都市部および農村部での携帯電話及びコードレス電話の使用と脳腫瘍リスクについてのスウェーデンにおける症例対照研究publication 9105 参照)のデータベースの更なる分析を実施した。

詳細情報

更に、同じ症例対照研究publication 9105)のデータベースについての追加的な分析が、publications 95209361 及び 12393 にある。
スウェーデン統計局の分類に従い、 人口密度に応じて被験者を6つのカテゴリー(H1-H6)に分類した。グループH1及びH2には、最大規模の都市ストックホルム、ヨーテボリ、マルモ/ルンドが含まれ、最も低い人口密度のグループH6は、中心から半径30㎞以内の住民が27000人未満の自治体で構成される。グループH1-H3を都市部、グループH4-H6を農村部に分類した。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (オッズ比(OR))

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 非ばく露
集団 2 H1-H6、アナログ、潜伏期間 > 1 年
集団 3 H1-H3、アナログ、潜伏期間 > 1 年
集団 4 H4-H6、アナログ、潜伏期間 > 1 年
集団 5 H1-H6、アナログ、潜伏期間 > 5 年
集団 6 H1-H3、アナログ、潜伏期間 > 5 年
集団 7 H4-H6、アナログ、潜伏期間 > 5 年
集団 8 H1-H6、アナログ、潜伏期間 > 10 年
集団 9 H1-H3、アナログ、潜伏期間 > 10 年
集団 10 H4-H6、アナログ、潜伏期間 > 10 年
集団 11 H1-H6、デジタル、潜伏期間 > 1 年
集団 12 H1-H3、デジタル、潜伏期間 > 1 年
集団 13 H4-H6、デジタル、潜伏期間 > 1 年
集団 14 H1-H6、デジタル、潜伏期間 > 5 年
集団 15 H1-H3、デジタル、潜伏期間 > 5 年
集団 16 H4-H6、デジタル、潜伏期間 > 5 年
集団 17 H1-H6、コードレス、潜伏期間 > 1 年
集団 18 H1-H3、コードレス、潜伏期間 > 1 年
集団 19 H4-H6、コードレス、潜伏期間 > 1 年
集団 20 H1-H6、コードレス、潜伏期間 > 5 年
集団 21 H1-H3、コードレス、潜伏期間 > 5 年
集団 22 H4-H6、コードレス、潜伏期間 > 5 年
集団 23 H1-H6、コードレス、潜伏期間 > 10 年
集団 24 H1-H3、コードレス、潜伏期間 > 10 年
集団 25 H4-H6、コードレス、潜伏期間 > 10 年

調査対象集団

症例集団

対照集団

調査規模

症例 対照
適格者 1,617 -
連絡担当者 1,617 1,617
参加者 1,429 1,470
参加率 88 % 91 %
統計学的分析方法: (調整: )

結論(著者による)

アナログ携帯電話及びコードレス電話については居住地の影響は認められなかった。農村部のデジタル携帯電話ユーザーは都市部と比較して、脳腫瘍リスク上昇が認められた。

研究の限界(著者による)

この結果は少ない数に基づいており、慎重に解釈すべきである。

研究助成

関連論文