研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[携帯電話及びコードレス電話の使用と1997-2003年に診断された悪性脳腫瘍のリスクについての2つの症例対照研究のプール分析] epidem.

Pooled analysis of two case-control studies on use of cellular and cordless telephones and the risk for malignant brain tumours diagnosed in 1997-2003.

掲載誌: Int Arch Occup Environ Health 2006; 79 (8): 630-639

研究の目的(著者による)

携帯電話及びコードレス電話の使用と悪性脳腫瘍リスクについての2つの先行する症例対照研究プール分析をスウェーデンにおいて実施した。

詳細情報

1997-2000年の期間に関する1つ目の症例対照研究は、publications 9520 及び 9895, で報告している。2000-2003年の期間に関する2つ目の研究は、publications 12068 及び 12259 で報告している。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (オッズ比(OR))

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 非ばく露
集団 2 アナログ、生涯の累積使用:1-1000時間
集団 3 アナログ、生涯の累積使用:1001-2000時間
集団 4 アナログ、生涯の累積使用:> 2000時間
集団 5 デジタル、生涯の累積使用:1-1000時間
集団 6 デジタル、生涯の累積使用:1001-2000時間
集団 7 デジタル、生涯の累積使用:> 2000時間
集団 8 コードレス、生涯の累積使用:1-1000時間
集団 9 コードレス、生涯の累積使用:1001-2000時間
集団 10 コードレス、生涯の累積使用:> 2000時間
集団 11 アナログ、潜伏期間 > 1 - 5年
集団 12 アナログ、潜伏期間 > 5 - 10年
集団 13 アナログ、潜伏期間 > 10年
集団 14 アナログ、全体、潜伏期間 > 1年
集団 15 アナログ、≤ 85時間、潜伏期間 > 1 - 5年
集団 16 アナログ、≤ 85時間、潜伏期間 > 5 - 10年
集団 17 アナログ、≤ 85時間、潜伏期間 > 10年
集団 18 アナログ、≤ 85時間、全体、潜伏期間 > 1年
集団 19 アナログ、> 85時間、潜伏期間 > 1 - 5年
集団 20 アナログ、> 85時間、潜伏期間 > 5 - 10年
集団 21 アナログ、> 85時間、潜伏期間 > 10年
集団 22 アナログ、> 85時間、全体、潜伏期間 > 1年
集団 23 デジタル、潜伏期間 > 1 - 5年
集団 24 デジタル、潜伏期間 > 5 - 10年
集団 25 デジタル、潜伏期間 > 10年
集団 26 デジタル、全体、潜伏期間 > 1年
集団 27 デジタル、≤ 64時間、潜伏期間 > 1 - 5年
集団 28 デジタル、≤ 64時間、潜伏期間 > 5 - 10年
集団 29 デジタル、≤ 64時間、潜伏期間 > 10年
集団 30 デジタル、≤ 64時間、全体、潜伏期間 > 1年
集団 31 デジタル、> 64時間、潜伏期間 > 1 - 5年
集団 32 デジタル、> 64時間、潜伏期間 > 5 - 10年
集団 33 デジタル、> 64時間、潜伏期間 > 10年
集団 34 デジタル、> 64時間、全体、潜伏期間 > 1年
集団 35 コードレス、潜伏期間 > 1 - 5年
集団 36 コードレス、潜伏期間 > 5 - 10年
集団 37 コードレス、潜伏期間 > 10年
集団 38 コードレス、全体、潜伏期間 > 1年
集団 39 コードレス、≤ 195時間、潜伏期間 > 1 - 5年
集団 40 コードレス、≤ 195時間、潜伏期間 > 5 - 10年
集団 41 コードレス、≤ 195時間、潜伏期間 > 10年
集団 42 コードレス、≤ 195時間、全体、潜伏期間 > 1年
集団 43 コードレス、> 195時間、潜伏期間 > 1 - 5年
集団 44 コードレス、> 195時間、潜伏期間 > 5 - 10年
集団 45 コードレス、> 195時間、潜伏期間 > 10年
集団 46 コードレス、> 195時間、全体、潜伏期間 > 1年

調査対象集団

症例集団

対照集団

調査規模

症例 対照
適格者 1,008 2,437
参加者 905 2,162
参加率 90 % 89 %
統計学的分析方法: (調整: )

結論(著者による)

プール分析は、10年超の携帯電話及びコードレス電話の使用が悪性脳腫瘍リスクを有意に高めることを示した。リスクは生涯の累積使用時間数と共に上昇した。

研究助成

関連論文