研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[900MHz電磁界ばく露を受けたラット肝臓での酸化ストレスに対するカフェイン酸フェネチルエステル(CAPE)の保護効果] med./bio.

The protective effect of caffeic acid phenethyl ester (CAPE) on oxidative stress in rat liver exposed to the 900 MHz electromagnetic field.

掲載誌: Toxicol Ind Health 2009; 25 (6): 429-434

この研究は、900 MHzの電磁界EMF)への30日間ばく露を受けたラット肝臓における脂質過酸化(LPO)および抗酸化酵素の活性に対するカフェイン酸フェネチルエステルCAPE)の保護効果の可能性を調べた。著者らの仮説は、「携帯電話のEMFは、肝臓フリーラジカル増加および抗酸化活性変化を引き起こすことで生体に影響を与えるかもしれない。そのフリーラジカルは主にLPOを増加させるように見える。抗酸化活性変化は酸化損傷をもたらすであろう。」ということである。プロポリス抽出物の有効成分であるCAPEには抗酸化特性があることが知られていることから、抗酸化剤補給がEMFばく露による肝毒性を保護する可能性を検討した。30匹のオスのSprague-Dawleyラットを同数からなる3群に分けた。対照群、900 MHz EMFばく露群、900 MHz EMF + CAPE投与群である。CAPEは、毎日、EMFばく露の前に腹腔内注射された。実験終了後に、肝臓組織を摘出して、カタラーゼ(CAT)、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)、グルタチオンペルオキシダーゼGSH-Px)、キサンチンオキシダーゼ(XO)の活性およびLPOレベルを測定した。その結果、XO、CATの活性およびLPOレベルは、対照群に比べ、900 MHz EMFばく露群で増加し、900 MHz EMF + CAPE投与群で減少した;SODおよびGSH-Pxの活性は、対照群に比べ、900 MHz EMFばく露群で減少し、900 MHz EMF + CAPE投与群で増加した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the possible protective effects of caffeic acid phenethyl ester (CAPE) on lipid peroxidation and the antioxidant enzyme activities in rat liver exposed to 900 MHz electromagnetic fields.

詳細情報

Male rats were divided into three groups (each n=10): 1) control group; 2) exposure group; 3) exposure + CAPE. CAPE was injected 30 days before exposure.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 1 h/day for 30 days

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 1 h/day for 30 days
Additional information rats were divided into three groups: i) sham control ii) RF exposure iii) CAPE + RF exposure
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 rats kept in 12 cm long plastic tube cages with a diameter of 5.5 cm; cage positioned directly above the antenna
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 2 W peak - - -
電力密度 1.04 W/cm² average over time 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • liver
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The enzyme activity of xanthine oxidase, catalase and the levels of lipid peroxidation were significantly increased in the exposure group compared to the control group, although these parameters were significantly decreased in the "CAPE + exposure" group (compared to the exposure group; similar values as the control group). The superoxide dismutase enzyme activity and glutathione peroxidase activity significantly decreased in the exposure group compared with the control group, although their levels were significantly increased in the "CAPE + exposure" group (compared to the exposure group; similar values as the control group).
The authors conclude that CAPE may prevent the electromagnetic field induced oxidative changes in liver by strengthening the antioxidant defense system (by reducing reactive oxygen species and increasing antioxidant enzyme activities).

研究の種別:

研究助成

関連論文