研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[英国における架空電力線からの距離に伴う小児白血病のリスクの再分析] epidem.

Reanalysis of risks of childhood leukaemia with distance from overhead power lines in the UK.

掲載誌: J Radiol Prot 2018; 38 (3): N30-N35

この研究は、英国における小児白血病と高圧架空電力線からの距離との関連についての著者らによる先行研究を、国際的なプール分析に含めて再分析したものである。元のプール分析では、著者らによる先行研究とは距離の分類が異なっていたことから、著者らの先行研究における距離をより詳細に分類して再分析した。その結果、小児白血病リスクが主に認められた1960年代及び1970年代には、リスク電力線からの距離と共に単調減少せず、100-200 mで最大値を示した。このことは、リスク上昇が磁界と関連しているという証拠を弱め、転居またはその他の社会経済的要因が関与している影響があるかも知れないという証拠を若干強めるものである、と著者らは結論付けている。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (オッズ比(OR))

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
集団 1 distance of address at birth to nearest power line: 0 - 50 m
集団 2 distance of address at birth to nearest power line: 50 - 100 m
集団 3 distance of address at birth to nearest power line: 100 - 150 m
集団 4 distance of address at birth to nearest power line: 150 - 200 m
集団 5 distance of address at birth to nearest power line: 200 - 250 m
集団 6 distance of address at birth to nearest power line: 250 - 300 m
集団 7 distance of address at birth to nearest power line: 300 - 350 m
集団 8 distance of address at birth to nearest power line: 350 - 400 m
集団 9 distance of address at birth to nearest power line: 400 - 450 m
集団 10 distance of address at birth to nearest power line: 450 - 500 m
集団 11 distance of address at birth to nearest power line: 500 - 550 m
集団 12 distance of address at birth to nearest power line: 550 - 600 m
参照集団 13 distance of address at birth to nearest power line: > 600 m

調査対象集団

症例集団

対照集団

統計学的分析方法:

研究助成

関連論文