研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[スウェーデンの高圧電力線の近くに住む子どもの磁界とがん] epidem.

Magnetic fields and cancer in children residing near Swedish high-voltage power lines.

掲載誌: Am J Epidemiol 1993; 138 (7): 467-481

症例対照研究を行い、高圧送電線により生じるタイプの磁界へのばく露が児童におけるがん発生率を増大させているという仮説を検証する。本研究のデータベースは、16歳未満の、1960-1985年の間にスウェーデンの220-400 kV送電線から300m以内の居所に住んだことのある全ての児童からなる。対象者はデータベースに1985年を通じて記載されてより追跡調査された。総数142人のがん患者が、スウェーデンがん登録への記録照会により確認された。39人の白血病があり、33人の中枢神経腫瘍があった。総数558人の対照者が無作為にデータベースの中から択ばれた。ばく露量は、送電線によって生み出された当該の磁界を点測定し計算することで評価されたが、その際、距離、電線の形状、負荷電流が勘案された。当該電線に掛かった負荷履歴の情報が、対象児童の診察時に最も近い年度の磁界を算出するのに用いられた。小児白血病に対応するばく露量評価に履歴を遡る計算が用いられ、そのカットオフポイントが0.1と0.2マイクロテスラ(μT)であるとき、見積もられる相対リスクは、これら2つのばく露レベルの上で増大し、0.2μT以上に対しては2.7〔95%信頼区間(CI)1.0-6.3〕、傾向に対するP値は0.005であった。潜在的交絡因子に対応する修正が為されたときにも、これらの結果に変わりはなかった。中枢神経腫瘍リンパ腫、およびその他全ての小児がんについては、関連性を支持する結果は得られなかった。

研究の目的(著者による)

高圧電力線から生じる磁界へのばく露が子どものがん発生率を上昇させるという仮説を検証するため、スウェーデンにおいて人口集団ベースの症例対照研究を実施した。

詳細情報

ばく露は、磁界のスポット測定、及び、電力線の過去の負荷についての情報を含む計算によって評価した。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (相対リスク(RR))

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 磁界、計算値:≤ 0.09 µT
集団 2 磁界、計算値:0.1- 0.19 µT
集団 3 磁界、計算値:≥ 0.2 µT
集団 4 磁界、計算値:0.1-0.29 µT
集団 5 磁界、計算値:≥ 0.3 µT

調査対象集団

症例集団

対照集団

調査規模

症例 対照
適格者 142 558
評価可能 141 554
その他:

研究ベース:電力線の近くに住む子ども127383人

統計学的分析方法: (調整: )

結論(著者による)

子どもの白血病リスク上昇と、0.2µTを超える過去の磁界の計算値へのばく露が観察された。全てのがんの組合せ、あるいはは中枢神経系腫瘍またはリンパ腫については、過去の磁界の計算値との関連の証拠はなかった。

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文