研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[居住環境磁界ばく露と小児白血病:カリフォルニア州における人口集団ベースの症例対照研究] epidem.

Residential magnetic fields exposure and childhood leukemia: a population-based case-control study in California.

掲載誌: Cancer Causes Control 2017; 28 (10): 1117-1123

この研究は、米国カリフォルニア州において、小児白血病リスク電力線からの磁界ばく露についての大規模な症例対照研究を実施した。この研究には、小児白血病の症例5,788人(同州で1986-2008年に出生・診断)ならびに年齢および性別でマッチングした対照が含まれた。地理情報システム、航空写真、過去の電力負荷および位相についての過去の情報、ならびに現地訪問を用いて、出生時の住所での磁界を計算した。その結果、年齢、性別、人種/民族、社会経済状態について調整した無条件ロジスティック回帰に基づき、2つの中間ばく露群における僅かなリスク減少、ならびに最高ばく露群における小さな過剰リスクオッズ比1.50、95%信頼区間0.70 - 3.23)が認められた。サブグループ分析および感度解析、ならびにマッチング分析でも同様の結果が認められた。但し、全てのリスク推定値信頼区間が広かった。著者らは、この大規模症例対照研究それ自体は、電力線からのより高いばく露と関連したリスクについての明確な証拠を示さなかったが、リスク上昇についての先行研究での知見と整合するとみなし得る、と結論付けている。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (オッズ比(OR))

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 magnetic flux density: < 0.1 µT
集団 2 magnetic flux density: ≥ 0.1 - < 0.2 µT
集団 3 magnetic flux density: ≥ 0.2 - < 0.4 µT
集団 4 magnetic flux density: ≥ 0.4 µT

調査対象集団

症例集団

対照集団

調査規模

症例 対照
合計 6,645 -
評価可能 5,788 5,788
統計学的分析方法: (調整: )

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文