研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[子どもの磁界への居住環境ばく露と急性リンパ芽球性白血病] epidem.

Residential exposure to magnetic fields and acute lymphoblastic leukemia in children.

掲載誌: N Engl J Med 1997; 337 (1): 1-7

【背景】先行する諸研究は、小児白血病と、磁界ばく露の代用指標(「ワイヤー・コーディング」として知られる電力線分類体系)との関連性を見出したが、小児白血病と60Hz住居磁界の計測値との関連性は見出していない。【方法】我々は、近隣の電力線によって生じる磁界への住居ばく露を研究する上で、急性リンパ芽球性白血病ALL)の、15歳未満で Children's Cancer Group に登録している 638人の児童および、対照群としての620人を名簿に記載した。対象者の現在及び以前の自宅において、対象者の健康状態を知らされていないデータ収集者が、各児童の寝室における24時間の磁界と、その他の3、4室内部及び正面玄関外での30秒間の磁界を測定した。電算機の演算法が、ワイヤー・コード範疇を、近隣電力線の距離と形状に基づき、対象者の主たる住居(416人のケース患者と416人の対照群について)と、母親がその児童を妊娠していた期間に家族が住んでいた住居(230人のケース患者と230人の対照群について)に割り当てた。【結果】小児ALLのリスクは、推測的基準に従い分類されたところの、要約時間加重平均の住居磁界レベルと関連付けられなかった。0.0065 μT 未満時と比較した、 0.200 μT 以上時のALLのオッズ比は、1.24(95%信頼区間、0.86-1.79)であった。ALLリスクは、主たる住居が最高位のワイヤー・コード範疇(最低位範疇と比べたオッズ比は、0.88 ; 95%信頼区間、0.48-1.63)に属する児童らの間で、増大していなかった。さらに、リスクは、母親がその子を妊娠していた時期に住んでいた家の住居磁界レベルとも、ワイヤー・コード範疇とも顕著に関係付けられなかった。【結論】我々の研究結果は、計測に基づく時間加重平均磁界レベルの高数値や、最高位のワイヤー・コード範疇にによって特徴づけられる住居に住むことが、小児のALLリスクを増大させるという証拠には乏しいものであった。

研究の目的(著者による)

米国における症例対照研究で、近傍の電力線から生じる磁界への居住環境ばく露小児白血病との関連の可能性を調査した。

詳細情報

磁界へのばく露は、24時間測定、ならびに、Wertheimer-Leeperの分類及びKaune-Savitzの分類に従ったワイヤ・コードの計算で評価した。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (オッズ比(OR))

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 磁界の時間加重平均のサマリレベル:< 0.065 µT
集団 2 磁界の時間加重平均のサマリレベル:0.065 - 0.099 µT
集団 3 磁界の時間加重平均のサマリレベル:0.100 - 0.199 µT
集団 4 磁界の時間加重平均のサマリレベル:≥ 0.200 µT
集団 5 磁界の時間加重平均のサマリレベル:0.200 - 0.299 µT
集団 6 磁界の時間加重平均のサマリレベル:0.300 - 0.399 µT
集団 7 磁界の時間加重平均のサマリレベル:0.400 - 0.499 µT
集団 8 磁界の時間加重平均のサマリレベル:≥ 0.500 µT
参照集団 9 Wertheimer-Leeper:地下電力線(UG) + 非常に低い電流配置(VLCC)
集団 10 Wertheimer-Leeper:一般に低い電流配置(OLCC)
集団 11 Wertheimer-Leeper:一般に高い電流配置(OHCC)
集団 12 Wertheimer-Leeper:非常に高い電流配置(VHCC)
参照集団 13 Kaune-Savitz:低ワイヤ・コード(LWC)
集団 14 Kaune-Savitz:中ワイヤ・コード(MWC)
集団 15 Kaune-Savitz:高ワイヤ・コード(HWC)

調査対象集団

症例集団

対照集団

調査規模

症例 対照
適格者 1,914 1,987
参加者 767 725
評価可能 638 620
その他:

症例416人及び対照416人についてのワイヤ・コードのカテゴリー

統計学的分析方法: (調整: )

結論(著者による)

時間加重平均が0.200µT以上の居住環境磁界に関連した、急性リンパ芽球性白血病についての有意な過剰リスクは認められなかった。有意な量‐反応関係は認められなかった。この結果は、子どもの磁界への居住環境ばく露急性リンパ芽球性白血病リスクと関連しているという証拠をほとんど提示していない。

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文