研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[小児がんと電力線からのコロナイオンへのばく露:疫学的試行研究] epidem.

Childhood cancer and exposure to corona ions from power lines: an epidemiological test.

掲載誌: J Radiol Prot 2014; 34 (4): 873-889

この論文は、著者等が行った英国での小児白血病リスクと住宅から電力線までの距離に関する疫学研究(2005年)のデータを再度検討し、新たな解釈の可能性を論じた。著者等は2005年論文で、小児白血病リスクと住宅から電力線までの距離の関連を報告したが、それは、磁界で説明するには電力線までの距離が余りにも遠方までとられたものであった。先頃、2005年論文で見られた過剰リスクを年代別に分析して、それらが1960年代から2000年代まで数十年にわたり徐々に低下していることを報告した(2014年、BJC)。これは、大気汚染物質の時代的低下と一致するとの観点から、今回は、「コロナイオン仮説」で2005年論文の結果が説明できないか調べた。「コロナイオン仮説」とは、コロナイオン電力線で発生し、風で吹き飛ばされた大気イオン)が大気汚染物質と結合し、それを吸入すると気道での大気汚染物質の停留が増え、病気の原因となるというものである。コロナイオン仮説には疑問もある(コロナイオンは大気汚染物質と結合するか、結合した大気汚染物質は気道での停留が長いか、大気汚染物質と小児白血病に関連するか)が、本研究は、そのようなメカニズムの妥当性に取り組んだものではなく、この仮説に基づいた試行の結果を報告すると述べている。気象台の風のデータ(各地域の風向・風力データに基づき、電力線が風上にある場合について、イオンの量の距離による分布を決定した)、対象者の住居から600m以内にある電力線全長からのコロナイオンの飛散を考慮したモデルで、対象住居のコロナイオンばく露を算出した。その結果、コロナイオンばく露電力線への接近度と強く相関した;そのため、白血病リスク上昇に関する結果は電力線距離での分析結果と一致した;しかし、コロナイオンモデルは、電力線までの距離測定値に比べると、電力線周辺で観察された小児白血病のパターンの説明が弱い;ただし今回の結果は、コロナイオン仮説を支持も反証もしておらず、風向に依存する他の仮説がまだあるかも知れない、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究の目的(著者による)

The authors previously reported an association between childhood leukemia in Great Britain and proximity of the child's address at birth to high-voltage power lines that declines from the 1960s to the 2000s (Bunch et al., 2014). In the present study they tested whether the corona-ion hypothesis could explain these results.

詳細情報

Corona ions are atmospheric ions produced by electric fields of the power lines and blown away from them by the wind. The corona-ion hypothesis proposes that corona ions attach themselves to airborne pollutants and increase the charge on those pollutant particles. Thereby more of these airborne pollutants could be retained in the airways when breathed in and hence cause disease. Therefore in this context, children living downwind of high-voltage power lines would be at increased risk of childhood leukemia produced by the electrically charged airborne pollutants.
An improved model for calculating exposure to corona ions, using data on winds (wind direction and wind speed) from 8 meteorological stations in Wales and England was developed under consideration of the whole length of power line within 600 m of each subject's address.

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (相対リスク(RR))

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 no exposure and distance between residence and the nearest power line > 600 m
集団 2 calculated exposure: 1st quartile
集団 3 calculated exposure: 2ndt quartile
集団 4 calculated exposure: 3rd quartile
集団 5 calculated exposure: 4th quartile

調査対象集団

症例集団

対照集団

調査規模

症例 対照
適格者 53,515 -
統計学的分析方法:

結論(著者による)

Overall, 7347 children have been living within 600 m to power lines.
Corona-ion exposure is highly correlated with proximity to power lines, and therefore the results parallel the elevations in childhood leukemia risk seen with distance in the previous publication by Bunch et al (2014). But the model explains the observed pattern of leukemia rates around power lines less well than straightforward distance measurements. This does not disprove the corona-ion hypothesis as the explanation for the previous results, but nor does it provide support for it, or, by extension, any other hypothesis dependent on wind direction.

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文