研究のタイプ: 疫学研究

[白血病の発症率が高く、ELF磁界へのばく露が高い都市での超低周波磁界と小児の骨髄性急性リンパ芽球性白血病のリスク] epidem.

Extremely Low-Frequency Magnetic Fields and the Risk of Childhood B-Lineage Acute Lymphoblastic Leukemia in a City With High Incidence of Leukemia and Elevated Exposure to ELF Magnetic Fields.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2020 [in press]

この研究は、ELF磁界ばく露小児骨髄急性リンパ芽球性白血病(B-ALL)との関連についての症例対照研究を、小児がんの発症率が高く、ELF磁界へのばく露も高いメキシコシティ(メキシコ)で2010-2011年に実施した。16歳未満のB-ALL症例290人および対照407人について、居住環境での24時間のELF磁界測定値を取得した。対照は性別、年齢(±18か月)、医療機関でマッチングした。調整後のオッズ比(aOR)および95%信頼区間(CI)を計算した。<0.2 μTの磁界ばく露を参照群の定義に用いた。対照の11.3%で≥0.3 μTの磁界ばく露が認められた。高ばく露カテゴリーの定義には異なるカットオフ値を用いた。それぞれのカットオフ値についての高ばく露カテゴリーを、対応する低ばく露カテゴリーと比較して、B-ALLのリスク上昇と関連付けた。その結果、カットオフ値が≥0.2 μTではaOR = 1.26(95% CI: 0.84-1.89)、≥0.3 μTではaOR = 1.53(95% CI: 0.95-2.48)、≥0.4 μTではaOR = 1.87(95% CI: 1.04-3.35)、≥0.5 μTではaOR = 1.80(95% CI 0.95-3.44)、≥0.6 μTではaOR = 2.32(95% CI: 1.10-4.93)であった。磁界ばく露を連続変数(0.2 μTごと)とした場合も、B-ALLのリスクと関連付けられた(aOR = 1.06、95% CI: 1.01-1.12)。この研究では、≥0.3 μTにばく露される子どもの比率は、報告されている中では世界で最も高かった、と著者らは報告している。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (オッズ比(OR))

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 magnetic flux density: < 0.2 µT
集団 2 magnetic flux density: ≥ 0.2 µT
参照集団 3 magnetic flux density: < 0.2 µT
集団 4 magnetic flux density: ≥ 0.2 - < 0.3 µT
集団 5 magnetic flux density: ≥ 0.3 µT
参照集団 6 magnetic flux density: < 0.2 µT
集団 7 magnetic flux density: ≥ 0.2 - < 0.4 µT
集団 8 magnetic flux density: ≥ 0.4 µT
参照集団 9 magnetic flux density: < 0.2 µT
集団 10 magnetic flux density: ≥ 0.2 - < 0.5 µT
集団 11 magnetic flux density: ≥ 0.5 µT
参照集団 12 magnetic flux density: < 0.2 µT
集団 13 magnetic flux density: ≥ 0.2 - < 0.6 µT
集団 14 magnetic flux density: ≥ 0.6 µT

調査対象集団

症例集団

対照集団

調査規模

症例 対照
連絡担当者 364 505
参加者 297 412
参加率 81.6 % 81.5 %
評価可能 290 407
統計学的分析方法: (調整: )

研究助成

関連論文