研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[イングランド及びウェールズにおける小児がんと高圧電力線からの磁界:症例対照研究] epidem.

Childhood cancer and magnetic fields from high-voltage power lines in England and Wales: a case-control study.

掲載誌: Br J Cancer 2010; 103 (7): 1122-1127

【背景】疫学的証拠は、慢性的な低レベルの超低周波磁界へのばく露小児白血病リスク上昇と関連することを示唆するが、その関連が因果的であることは確かとはされていない。【方法】英国における小児がんリスクとその小児の出生時の住所での高圧架空送電線からの1年間の平均磁界との関連についての症例対照研究平均磁界は、National Gridの記録から推定した。 英国小児腫瘍登録から、EnglandとWalesで1962-1995間に出生し、英国内で15歳以下の時に小児がん診断された28, 968名の小児の記録を入手した。対照は、性別、出生時期(6ヶ月の範囲内で一致)、出生登録地域を個体マッチングさせて、出生登録から選出した。症例および対照の参加を要することはなかった。【結果】磁界の0.2μT刻みの上昇に対する相対リスクRR)推定値は、白血病の場合1.14 (95%信頼区間 0.57-2.32)、脳および中枢神経系腫瘍の場合0.80 (0.43-1.51)、その他のがんの場合1.34 (0.84-2.15)であった。【結論】統計学有意性はないが、小児白血病に関する推定値は、これまでの同様の研究の結果と同じようである。仮に因果関係があるとすると、寄与リスク推定値は1年当たり1症例を下回る。以前に、我々は架空送電線からの距離との関連を報告したが、その関連の原因が全て出生年の磁界ばく露にあるとはとても考えられない。

研究の目的(著者による)

Draper他(2005)が発表した、小児がん電力線からの磁界との関連を調査した症例対照研究を、別のばく露評価手法を適用して再分析した。引用した研究では、ばく露評価は出生時の住居の住所から電力線までの距離に基づいていたが、本研究では、出生時の住所の磁界を各々の子どもについて計算した。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (相対リスク(RR))

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 出生時の住所での磁界推定値: < 0.1 µT
集団 2 出生時の住所での磁界推定値: 0.1 - < 0.2 µT
集団 3 出生時の住所での磁界推定値: 0.2 - < 0.4 µT
集団 4 出生時の住所での磁界推定値: ≥ 0.4 µT

調査対象集団

症例集団

対照集団

調査規模

症例 対照
適格者 31,273 -
評価可能 28,968 28,968
その他:

白血病の子ども9653人、中枢神経系/脳の腫瘍の子ども6584人、その他の種類のがんの子ども12731人

統計学的分析方法:

結論(著者による)

58162軒の住居のうち57704軒で、計算した磁界は0.1µT未満であった。
磁界が0.2µT増加するごとの相対リスクの推定値は、白血病について1.14(CI 0.57-2.32;症例8人、対照6人)、中枢神経系/脳の腫瘍について0.80(CI 0.43-1.51;症例4人、対照7人)、その他のがんについて1.34(CI 0.84-2.15;症例11人、対照9人)であった。
統計的に有意ではないものの、この結果は、磁界へのばく露小児白血病との関連についての既存の証拠をわずかに強めている。但し、出生年の磁界へのばく露が、出生時の住所から電力線までの距離に基づく先行の症例対照研究で認められた、小児白血病リスクにおける見かけ上の上昇の全ての原因であるということは極めてありそうにない。著者らは、英国では電力線からの高い磁界ばく露される住居は非常に少ないことを強調している。因果関係を仮定すると、推定された寄与リスクは、年あたりの小児白血病の症例1人未満となる。

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文